涼しい夏マスクはこんな生地で

布小物

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

先週、デジタルデトックスと称して、仕事でどうしても以外はスマホやパソコンに触らない日を数日設けました。でもなかなか難しいですね。気付くと触ってる。もうきっと既にデジタル中毒なのかも。でもいつもよりデジタル機器に触らない分、落ち着いて考えたりする時間が持てた気がします。デジタルデトックス、時々必要だな、と思いました。

 

まだまだ暑い

さてさて、山は越えたとは言え、まだまだ暑い日々が続いています。暑くてなかなかヤル気が起きない。こんなに暑いのにマスクはしなきゃならないし、、、

今までたくさんマスクを作ってきました。夏バージョンとしてレースを使ってみたり、薄手のハンカチを使ってみたり。そして今回、やっと涼感加工ガーゼを入手することができました。これを使って夏マスクを作ることにします。少しでも涼しく過ごしたいもん!

 

涼感ガーゼって?

今回入手した涼感ガーゼがこちらです。キシリトールを使っていると書いてあります。なんだかガムみたいね。

 

因みにキシリトールとは、もともとはカバノキから見つかった天然の糖アルコールの一種なんだそう。糖アルコールは、砂糖などと同じ糖質に分類されます。天然の代用甘味料として使われる。溶ける時に熱を奪うのだそう。だから口に含むとスーッとした冷涼感があるのね。

このキシリトールを繊維の加工時に使ったのが、今回使うダブルガーゼのような涼感加工生地です。糖アルコールの吸熱反応を利用して清涼感を与えるんだとか。確かに触ると何となく冷たい感じがします(何となく、だけどね)。マスクに使うと、口の回りが少し涼しく感じられるんじゃないかな。

 

スポンサーリンク

 

夏マスク、できました♪

完成したのがこちらです。涼感ガーゼを内側に使った夏マスクいろいろ。外側もなるべく涼しそうなサッカー地などの生地を使いましたよ。

 

外側にサッカー生地

こちらは外側に綿のサッカー地を使ったものです。サッカーっていうのはポコポコした生地。昔、子どもの浴衣とか夏パジャマとかによく使われてた生地っていうイメージがあるなぁ。

 

ブルーに白で葉っぱなどの柄が描いてあります。サッカー地ってこともあって、涼しそうです。

 

こちらは薄いコットン

こちらは前にもマスクに使った薄いコットン生地です。元々は娘に初秋用の長袖襟付きブラウスを作った時に使った生地。グレーの細かいチェック柄の薄手コットンです。この生地自体は涼感加工されている訳じゃないけれど、透けるほど薄手なのでやっぱり少しは涼しいんじゃないかと思います。

 

因みにこれが以前作った娘のブラウスです。昔がんばって作ったので、また載せてしまいました(笑)。

 

スポンサーリンク

 

勢揃い画像を~♪

今回はブルーのとグレーのと二種類、計4枚作りました。2枚のみを勢揃い?させたので、画像を見てやって下さいませ。

 

まだまだマスクは必要な日々が続きます。が、少しでも涼しく過ごしたいもの。マスクも生地を選ぶと少しは涼しくなりそうですね。

 

マスク記事へのリンク

あとね、今までのマスク関連記事のリンクを以下に貼っておこうと思います。自分用にもこうしてまとまっていると便利なの。

 

■マスク

真ん中に継ぎ目のないシンプル立体マスクに挑戦!
真ん中に継ぎ目のない立体マスクを作りました。これ、結構息をしやすいし、フィット感も良くてオススメです。厚みさえ気を付ければ、とてもシンプルで作りやすいですよ♪
スローダウンしてたシンプル立体マスク作り、再度ギアアップです!
最近ちょっとスローダウンしてたマスク作りですが、褒められたことも手伝って、再びギアが上がりました~♪ 夏用に薄手のコットンを使って、頑張って作っています。
夏に向けて少しでも涼しそうなマスクにした~い♪
だんだん暑くなってきましたね。暑がりの私は、マスクをしていると汗だくになってしまいます。薄手のハンカチやレースを使って、風通しのよい夏用マスクを作りました。
シンプル立体マスクの本格量産をスタートです!
不織布マスクがなかなか手に入らないこともあり、ハンドメイドのマスクを本格的に量産することにしました。自分たちや実家の分の他、お友だちや知り合いにも渡したい。たくさん完成したら、寄付もできるといいなとも思っています。
今度は手縫いでシンプル立体マスク♪ 初心者さんでも簡単ですよ~
家にあったハンカチで、いつものシンプル立体マスクを作ってみました。手縫いです。これなら普段ハンドメイドしない方でも作りやすいんじゃないかな。今の時期に必須のマスク、ぜひ作ってみてくださいね。
進化した簡単シンプル立体マスクはポケット付き
まだまだマスクが必要なのに、ストックがなくなってきました。今回は前に作ったマスクの進化形です。ポケットがあるので、不織布シートなどを入れることができます!
今の時期に必須! 簡単でシンプルな立体マスクの作り方
世の中マスク不足で大騒ぎですね。うちも在庫が減ってきたのだけれど、なかなか手に入れられません。なのでいくつかハンドメイドで作ることにしました。簡単な作り方をご紹介しています!

 

■マスク置き、マスク入れ

シンプルなマスク置きがいいよね
マスクを外した時、ちょっと置いておけるようなマスク置きを作りました。前回のポーチと一体型ではなく、もっとシンプルなマスク置きです。使い勝手が良くなった気がします。
マスク置きの付いたマスク入れってどうだろか?
マスクを外した時にそのマスクを一時的に置けるような部分が付いたポーチが欲しい! あれこれ悩みながら作ってみました。

 

 

新しい挑戦。ミンネで作品紹介・販売を始めました。点数はまだまだ少し。これから増やしていきたいです。ぜひこちらからNon Billy Nick Ollieのギャラリーを覗いてみてくださいね。

 

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. 清涼感…キシリトールかぁ…。( ゚д゚)ウム 良さそうな感じはするな。

  2. marimo より:

    暑いですよね~><
    ダブルガーゼ×2枚で作った我が家のマスクもほんと暑い^^;
    夏はレースのを作るぞ!と思ったのに全く作れず^^;
    涼感ガーゼとはなんぞや、と思っているとなんとキシリトール!確かに涼しそう~。肌荒れしなかったら是非使ってみたい生地です☆

  3. 涼感加工ガーゼという普通のガーゼより涼しい物がこの世にはあるのですね・・・。
    マスクをするのが半ば義務化された中、少しでも涼しくしたいものですね・・・。

    キシリトールってガムに使われていますね。
    それが生地にねじこんであるのですね。
    涼しそうではありますが、洗濯を繰り返したら効果はどうなるのか気になりますね・・・。

    キシリトールの正体はカバノキから取れた天然の糖アルコールなんですね。
    溶ける時に熱を奪うのですね。
    吸熱反応で清涼感があるのですか・・・。
    触った時、やや涼しい感触がただようとは爽やかそうです。

    この青い生地が、何でサッカー生地なんだろうと思ったら・・・
    あの球技のサッカーの事ではないのですね・・・(;・∀・)
    ポコポコした質感の生地ですね。

    子供の浴衣やパジャマに使われている写真のような感じの生地は、
    ぽこぽこしている分、皮膚にぺたっと張り付かず浮くので、涼しいですよね・・・。

    グレーのチェック柄のは、お嬢さんの長袖のブラウスの生地に使用した物の残りなのですね。
    写真では分かりませんが透けるほど薄い生地なら涼しそうです。

    お嬢さんのブラウスの方、写真が小さい為か、チェックでなくグレー一色に見えますね。
    このチェックは、相当、細かいのですね。

  4. キシリトール配合の生地とは(^^♪
    それにしても一年前はマスクがこんなに幅広がるなんて、全然思ってなかったですよね(;^_^A

    ホンマあっちぃので、涼感生地で気持ちも納涼感を持つのはめっちゃ大事だと思います( *´艸`)

タイトルとURLをコピーしました