進化した簡単シンプル立体マスクはポケット付き

布小物

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

そろそろ収束するかと思っていた新型コロナウィルス騒動ですが、まだまだ時間が必要なようですね。世界中がほんと大変なことになってる。

そして、うちのマスクの買い置きももうすぐ底を尽きそうになってきています。なので、急遽ハンドメイドのマスクを量産することにしました。実家の両親もマスクのストックがなくなってきたと言っているので、両親用にも作って送りたいし。

 

今の時期に必須! シンプルな立体マスクの作り方
世の中マスク不足で大騒ぎですね。うちも在庫が減ってきたのだけれど、なかなか手に入れられません。なのでいくつかハンドメイドで作ることにしました。簡単な作り方をご紹介しています!

 

ところがダブルガーゼが品薄

と思って、近所の生地屋さんに生地を買いに行きました。でもね、マスクに最適なダブルガーゼ生地が品薄状態で、ほとんど売ってないんです。やっと見つけた、お店で最後のダブルガーゼがこちらです。

 

鮮やかな赤地にこれまた赤い大きな葉っぱと白い花、そして紫の実。うーん、、、あまりマスクには向かないような柄だよな。でも、お店にはもうこれしか売ってなかったので、この生地をゲットです。ダブルガーゼは内側、つまり表から見えない側に使うのでよしとすることにしました。

そうそう、ダブルガーゼは洗濯すると縮みやすいんですよね。なので、表地のコットンと合わせて、水に浸け乾かしアイロンして、地直ししました。

 

スポンサーリンク

 

今回は少し進化させて

前回作ったのは、コットンの表地とダブルガーゼの裏地を立体型に縫い合わせたシンプルなマスクだったのですが、今回は少し進化させることにしましたよ。考えているのは、、、

  • 少しでも飛沫を防ぐため、内側のガーゼの一部をポケット状にして、中に不織布シートなどを入れられるようにしたい
  • 心持ちサイズをアップさせたい(特に男物)
  • マスクゴムのストックも減ってきたので、それにも対応させたい

さて、どうしたものかな。工夫のしどころです。

 

こんな工夫をしてみました

型紙を変更

これが前回作った製図(縫い代込み)です。これに変更を加えます。

マスク製図

 

前のは女性にピッタリくらいのサイズ。でも今回は父やダンナ君にも合うよう、少しだけ大きいサイズにしたい。大は小を兼ねるから、少しくらい大きい分には女性にも大丈夫だと思っています。

あと少なくなってきたマスクゴムを少しでも節約したいんです。そのためにサイドも長めに伸ばすことにしました。こうすればゴムを多少は節約できるはず。

結局、サイズは型紙ベースで縦方向に1cm、横方向にも1cm伸ばすことにしました。縦方向は真ん中部分で1cm足しました。横方向は耳側で1cm伸ばしています。片方だけを記した型紙で1cmなので、全体では左右共に1cmずつ伸びることになります。

出来上がりサイズは、縫い代7mmで作ると、縦が一番長いところで約15cm、横が約21.5cmくらい。

スポンサーリンク

 

たくさん作るための工夫

今回は7~8枚ほどを一気に作ろうとしています。そしてなるべくスムーズに作りたい。そこでこんな手順で作ることにしました。

まずは長めに用意した生地を中表にします。そこに型紙を置いて型を取っていきます。端から何個も並べるようにしてたくさんマスクの型を引きます。

こちらが新しい型紙、そして表に使うピンクとブルーのコットン生地です。こんな風にたくさん線を引きました(って、型紙が上に載っかってて引いた線が見えないっつーの)。

 

次が時短でたくさん作るためのポイント! 裁断する前に、カーブの部分を全部縫ってしまいます。中表にしてある生地の上に裁断用の線を引いたので、そのままの状態でカーブ全て線の内側7mmのところを縫いました。

 

こうやって大きい生地のまま縫うと、裁断した後に生地の端をマチ針で留めてから縫ったりしなくても済むので、時短になります。

そして縫った後に裁断です。カーブの縫い代のところは、きれいな弧になるよう前回同様に切り込みを入れました。

このたくさんできたマスク部品のうち、表側になるコットンと内側になるガーゼを合わせて、ひとつのマスクにします。

 

スポンサーリンク

 

不織布などを入れられるポケットを作る

ここからがポケットを付けるための工夫です。内側になるガーゼは、片方の縦だけジグザグし、7mmほど折って端ミシンをかけておきます。ここが不織布を入れるためのポケット口になります。

こちら、ガーゼの端にジグザグミシンをかけたところ。これまた時短のために切らずに全部繋げて縫っています。

 

そのあと端を折ってミシンをかけています。白い糸で縫ったので、どこを縫ってるかすぐ分かりますねー。縫い目がちょっと曲がっちゃったのも分かりますねー。

 

続いては表地のコットンと内側のガーゼとを、中央のカーブのところで中表に合わせます。そして縫い代7mmほどで、上の端と下の端をそれぞれ縫っていきます。

 

横の開いている部分から表に返し、表地の両端を三つ折りにしてゴムを通す部分を作ります。ポケット口がある方は、ここの部分を塞いで縫ってしまわないように気を付けます。すると、ほら~♪ ポケットできました。

 

久しぶりにクマオに登場してもらいましょう。おーい、クマオ♪

 

はじめまして! クマオです
   先日からハギレ消費ウィークと勝手に称して、引き出しにぎっしり詰まっているハギレを少しずつ何かに作り上げる、ってことをやっています。今回も引き続きやっています。が、なかなか減らないねぇ。 また髪ゴム作りし...

 

表から見るとただの水色の立体マスクです。これにあとはゴムを通せばできあがり。

 

スポンサーリンク

 

マスク完成です

今回はたくさん作っています。まだ量産途中ですが、取りあえず5つ完成。ブルーは男性用、ピンクは女性用です。あとはマスクゴムを通すだけになりました。

 

やっぱりちょっと内側のガーゼの柄が私の好みじゃないなー。でも市販のマスクもまだまだ品不足だし、ダブルガーゼも品薄だから、やっと手に入れたこの生地を使って作るしかありませんね。もう少し量産しようと思っています。

そしてこちらの1枚は娘用です。全部同じ生地なので、区別するために小さく花の刺繍をしました。

 

最後に画像をもうひとつ。ちょっとおしゃれっぽく撮ってみました。けど、写真も修行が必要ですなぁ。

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. ビー玉 より:

    もうね・・・白いマスクにも飽きてきてる(^▽^;)
    もうマスクないって人もいっぱい出てきてるだろうし、手作りしようにも、本当にガーゼってないですねぇ(;´д`)トホホ… マスクが無理ならせめてガーゼを量産してほしい・・・手に入ったら真似してつくるね〜♪ポケットつきの♪

    • Nick OllieNick Ollie より:

      ビー玉ちゃん、いつもありがとー♪

      そうなのよね、マスクもガーゼもマスクゴムも、なーんにもない。どうしたもんだかー。と思ってたら、ママ友情報によれば、着古したTシャツとかで作っても肌触りが良くていいらしいよ。

  2. お(^^♪
    さすがいい感じに仕上がってますね(^^♪

    確かに量産するには製作行程の効率化は外せない条件ですもんね(´ー`*)

    ガーゼが華やかなのも魅力の一つ
    裏地だし、全然オッケーだと思います(≧▽≦)

    • Nick OllieNick Ollie より:

      えたばりゅさん、いつもありがとーございます!

      不織布のマスクが殆どなくなってきたので、手作りマスク量産中です。効率良く作ることも大事かなー、とも思ってます。一気に作らないとヤル気がなくなったりするから、私の場合。

  3. marimo より:

    ほんと、ガーゼもゴムも売り切れてるんですよね^^;
    くまおが入ってる♪かわいい☆
    お花の刺繍がめっちゃ気に入ってしまいましたーー^^

    • Nick OllieNick Ollie より:

      marimoちゃん、コメントありがとー。

      いろいろお店を回っても、マスクもガーゼもマスクゴムもなかなか手に入りにくくなってきたよね。困った、困った。私もガーゼは今回のでもう最後です、、、

  4. 新型コロナは温かくなったら収まると思っていました。
    しかし、感染は拡大してきますね・・・。

    未だ、おさまるのに時間かかるし、マスク不足は続きますね、」
    ハンドメイドのマスクを量産されるのは良いアイディアですね。

    マスクの材料に良いダブルガーゼの生地まで品薄とは驚きです。

    かわいい柄ですが、確かにちょっと派手過ぎてマスクには・・・。
    洋服の柄みたいですね。女性はいいけど、男性にはややかわい過ぎますね。でも内布なら未だいいですね。
    しかし、この柄しか残ってないという事は、よほどガーゼ生地は品薄なのですね。

    ダブルガーゼは洗濯で縮みやすいから地直しが必要なのですか・・・。

    飛沫を防ぐ工夫が凄いです。ポケット状のところ不織布のシートを入れて防護効果をUPさせるとはいいアイディアです。

    マスク・・・大は小をかねますが、小さいのは厳しいです。
    市販のマスクでも売れ残っていたのは子供用だったりとかします。

    サイドを伸ばす事で、ゴムの節約になるとはいいアイディアです。

    ポケットに試しに入れたクマオが可愛いです!

    • Nick OllieNick Ollie より:

      ウラジーミルさん、コメントありがとー♪ございます。

      このガーゼ、ほんと派手ですよねー。マスクにはあまり向かない柄で、、、 ほんとは白ベースに薄い色です模様が入ってるくらいのがいいんですよね。でも品薄なので、しょうがないです。まだ手に入っただけ良かったかな、と思ってます。も少し頑張ってマスクを作りまーす。

  5. マスクの転売は無くなったらしいけど、メーカが販売するのも意外と高価ならしいですね。(  ̄っ ̄)ムゥ なんでも、原材料費が高騰してるとか…。

    • Nick OllieNick Ollie より:

      ましゅーさん、いつもありがとう♪ございます。

      不織布マスク、確かに高いです。転売ヤーのものじゃなくても高い。原材料が高騰してるんだ、、、
      ハンドメイドマスクは材料はまだそれほど高くはなってないので、がんばって作ります!

  6. LOCO より:

    おお~!ニックちゃんいいね!
    やっぱり、ポケット付きは安心感あるよね。
    そして時短テクすごい!!使えるね^^

    私、またダブルガーゼ追加購入したよ~
    可愛い花柄♡

    一度、かわいいマスクデビューしたら、
    シンプルに戻れなくなってしまった(;^_^A♡

    • Nick OllieNick Ollie より:

      Locoちゃん、いつもありがとう!

      Locoちゃんもマスク作ってるみたいだねー。いつも読ませてもらってます。私はパワー不足で、なかなか量産できてない。がんばらねば!