シンプル立体マスクの本格量産をスタートです!

布小物

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

やっぱりマスクが足りません。我が家では不織布マスクはほぼ使いきってしまいました。洗って再利用したりしているけれど、不織布マスクを何度も洗うとモケモケになって顔がかゆい。→ どうやら、当て布をして低温でアイロンをかけるとモケモケがおさまるそうですよ。今度やってみる!

ハンドメイドマスクも使っていますが、今まで作った枚数では足りなくなってきました。実家の両親からも追加依頼が来てるし。なのでマスクを本格的に量産することにしました。たくさんマスクを作れば、お友だちや知り合いにプレゼントすることもできるしね。あと、たくさん完成したら、寄付できたりするといいかもしれない。

このブログでの最近のマスク関連記事、こんなにありました。これだけあるってことは、まだまだ新型コロナウィルスが収まってないってことだな、、、💧

今度は手縫いでシンプル立体マスク♪ 初心者さんでも簡単ですよ~
家にあったハンカチで、いつものシンプル立体マスクを作ってみました。手縫いです。これなら普段ハンドメイドしない方でも作りやすいんじゃないかな。今の時期に必須のマスク、ぜひ作ってみてくださいね。
プリーツタイプのマスクを作ってみたけど、、、
立体マスクばかり作っているので、他の形のマスクを作りたくなりました。そこでプリーツマスクを作ってみたのだけれど、やっぱり私には立体マスクの方が作りやすそうかな。
マスク置きの付いたマスク入れってどうだろか?
マスクを外した時にそのマスクを一時的に置けるような部分が付いたポーチが欲しい! あれこれ悩みながら作ってみました。
進化した簡単シンプル立体マスクはポケット付き
まだまだマスクが必要なのに、ストックがなくなってきました。今回は前に作ったマスクの進化形です。ポケットがあるので、不織布シートなどを入れることができます!
今の時期に必須! 簡単でシンプルな立体マスクの作り方
世の中マスク不足で大騒ぎですね。うちも在庫が減ってきたのだけれど、なかなか手に入れられません。なのでいくつかハンドメイドで作ることにしました。簡単な作り方をご紹介しています!

 

縫って切って、切って縫って

本格的な量産体制スタートです。地直しした生地を中表に折って、端から型紙を置いて印付け。

今回はこんなガーリーな生地も使いました。生成の布に刺繍がしてあってかわいい~♪ ちょっとハリのあるしっかりした生地です。

 

他にも今まで使ってきた薄いピンクの生地や、内布に使っているダブルガーゼ(やっぱ派手な柄だなー)も。いつものようにカーブ部分を先に縫っておいてから裁断です。

 

スポンサーリンク

 

今回の進化はここ

少しずつ進化しているシンプル立体マスクです。今まで「普通のシンプル立体マスク」→「インナーマスクを入れられるポケット付き」と進化しました。

今回の進化は中央のカーブ部分の縫い方です。今回からカーブ部分を縫い合わせた後、その両脇に縫い代を押さえるステッチを入れることにしました。見えるかな?

 

こっちの方が分かりやすいかな。

 

ひと手間増えるけれども、これをすると、縫い代のもたつきがないので、カーブの仕上がりがキレイです。比較して見るとこんな感じ。左上が縫い代を押さえたもの、右下が何もしてないもの。左上の方がカーブ部分が少しスッキリしています。

 

但しこのステッチは必須ではないです。ここを縫ってないマスクでも使用には全く差し支えなし。

 

スポンサーリンク

 

量産しました~♪

根性のない私の割には、今回は頑張りました♪ トータルで今のところ13枚縫えました。全て内側はポケット付きです。

 

ただ、ピンクと生成レースばかりになってしまったので、ブルー系ももう少し縫おうと思っています。あと7枚縫って、ちょうど20枚にするのだ!

 

マスクゴムの代用

世の中、ハンドメイドマスク用のダブルガーゼだけではなく、マスクゴムも品薄です。市中のお店にはまず売ってないし、ネットでも高騰してるみたい。

前にも書きましたが、マスクゴムを代用できるものとしては、こんなのがあります。

  • 細めのヘアゴム
  • 帽子用のゴム: 子どもの帽子についてるような細いゴム
  • 細めの平ゴム: 4~6コール(mm)くらいの太さが良いと思います。太めなら柔らかめのものを。
  • Tシャツヤーン: Tシャツ生地で作られた太めの糸。スパゲッティとも呼ばれます。100円ショップの毛糸コーナーにあります。
  • バイアステープ: 布を織り目に対してバイアス(斜め)に切ってあるので伸びます。100円ショップのハンドメイドコーナーにあります。
  • Tシャツを細く切ったヒモ: Tシャツはよく伸びるし、端もほつれてこないものが多いので良さそう。
  • ストッキング:  横に輪切り(?)にして使います。輪っかになっているので、マスクのゴム通し部分を縫う前にゴム通しにセットしてから縫うようにします。
  • いざとなったら、輪ゴム!

 

スポンサーリンク

 

今回はバイアステープを試してみました。うちに2mm巾の少し太めのバイアステープがあったので、それを使ってみることに。この巾を半分にした長さ35cmほどのヒモを縫います。最初と最後は端を折り込んで縫ってね。

 

これをマスクゴムの代わりにします。ゴム通しのところが少し狭くて通しにくかったので、先の部分に糸を巻き付けて細くしてから通しました。

で、通してみたらこんなの。かわいい~♪ マスクゴムよりずっとかわいいかも。ほら♪

 

普通のマスクゴムと比べてみるとかわいさの違いがよく分かります。まずはマスクゴム、続いてバイアステープです。

 

 

しかもゴムより巾があるからなのか、耳も痛くならないです。強いて言えば、伸びにくい分、マスクゴムより耳から外れやすいかもしれません。が、私の場合は問題なさそうでした。

 

ガーゼがない、マスクゴムがないなど、ハンドメイド用の材料がいろいろ不足気味だけど、工夫すれば素敵なマスクが作れそうな気がしました。これからいろんなものでマスクを作ってみるのも楽しいかも♪

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. marimo より:

    我が家もようやくマスクを作り始めました^^
    物を減らしてきたつもりが案外あるもので(笑)
    Nickさんの記事も参考にさせていただいたので、また出来上がったらリンクさせてください☆
    頑張ります~~~

  2. マスク全然足りてないので、やっぱ自作はかなり有効な手段ですよね(^^♪
    ・・・自分もNickさんのような器用さが欲すぃ(T▽T)