ジャストサイズになりました! 1枚仕立てのブックカバー

作り方

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

先日このブログに「ブックカバー 1枚仕立て」というワーディングで検索してくださった方がありました。私がブログを書くのに使っているワードプレスには、どんな言葉で検索してこのブログに来ていただけたのかが分かるプラグインがあってね、それを見てるとすごく参考になるんです。「あぁ、こんなものを作りたいと思って探して来てくれたのね」と分かる。

以前にブックカバーの作り方について書いたのですが、それは表と内側とで異なる2枚の生地を使ったものでした。今回はリクエストにお応えして、1枚の生地でブックカバーを作ろうと思います。

もっと簡単・シンプルに作れる改良版ブックカバー
にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。 前回初めて作ったブックカバー。少し工夫すれば、もっと工程が減ってシンプルに作れ...
文庫本サイズのブックカバーを作る
にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。 うちの娘、本を読むのが大好きなんですよね。小学校高学年にもなると、大人の読むよ...

横長の生地を用意して

今回は布1枚で作るので、横長の生地が必要です。生地の大きさは、縦17cm x 横80cmです。長い!

今までブックカバー本体は縦17.5cm(縫い代込み)で作っていましたが、ほんの僅かですが、ちょっと大きい感じがしてました。なので今回は17cmで作ります。実際に文庫本の縦の長さを測ってみると、ぴったり15cm。なので縫い代7mmにして縦17cmがちょうどいいはずです。

使うのはこの生地。ちょっとやわらかめのコットン生地です。木の模様が北欧っぽい柄。好きなタイプ~♪ この前この生地を使って、ぽいぽい布バスケットも作っています。

お気に入りのぽいぽい布バスケットたち
最近お気に入りの、何でもぽいぽい入れられる布バスケットを量産しました。主に北欧風の生地を使っています。かわいく出来上がって、自己満足中~♪

あと2cm幅の綾テープを17.5cm、準備しました。綾テープは市販のものですが、もちろん布を細く縫ってヒモにして使ってもいい。

スポンサーリンク

あとはサクサク進みます

このブックカバーで一番手間がかかるのは、多分ながーい生地を裁断するとこだと思います。切ってしまえば、あとは折って縫っていくだけ。縫う箇所はほんの少しです。手縫いでも短時間でできちゃうと思います。

まず折る

表に向けておいて、まずは端から7cmで山折りします。そしてさらにそこから7cmのところを谷折り。すると、布がZ型みたいになります。ここが本の表紙を入れるポケット部分になる。

続いて折ってない反対側を被せるようにして半分に折り、しっかりアイロンして折り線をつけます。

今折ったところを開いて、折り線から12cmのところに綾テープを仮留め。

この画像、右の線が折ったところの線です。あと綾テープは本体より5mm長いので、ちょっとタプッとしてます。これは布の厚みを考慮したもの。できあがるとタプッはなくなってちょうどピッタリになります。

スポンサーリンク

接着芯はここで貼りました

こうやって折ると、どこが表側でどこが内側かがはっきりしてくる。この生地はちょっと柔らかめだったので、ここで中手の接着芯を貼りました。

貼る場所は、さっき半分に折って上に被せた面の反対側。ポケットを折った側の裏に貼ります。長さは33cm。

角を三角にカット

続いて、ポケットになってない側、半分に折ったところの上下の角を縦3cm x 横4cmずつ三角にカットします。

カットするのは、綾テープのところに差し込みやすくするためです。

そしてぐるりと縫うよ

あとは2回縫うだけで完成ですよー。ポケットになった方から三角に切り落としたところまで、上と下の辺をそれぞれ縫います。縫い代は、布の厚みを考慮して5~7mmで。これ以上の縫い代にすると、本が入らなくなってしまいます。

縫うのはこの2回だけ。簡単でいいんだけど、でも、ん~、もっと縫いたい!

そしてポケット部分からひっくり返すと、、、

スポンサーリンク

1枚仕立てのブックカバーの完成です!

シンプルなブックカバーができました。良き~♪ 読書が楽しくなりそうなブックカバーになりました。

本を入れてみると、こんな感じです。何かねほんとジャストサイズでピッタリ~。ピッタリすぎて気持ちいい(笑)

簡単な手順でできてしまうので、是非作ってみてくださいね~。

そしてこのブックカバーは本好きの実家の父にプレゼントすることにしました。

 

 

新しい挑戦。作品紹介・販売を始めました。点数はまだまだ少し。これから増やしていきたいです。ぜひこちらからNon Billy Nick Ollieのギャラリーを覗いてみてくださいね。

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. 「ブックカバー 1枚仕立て」のキーワードでブログに訪問客が来たんですね。
    プラグインという事は、アナリティクスとかより分かり易いんでしょうかねぇ・・・。

    アナリティクスとかサーチコンソールがよくわかりません。
    過去のブログサービスのアクセス解析の方がうんとわかりやすいので、
    今の自分のブログの状況をあまり把握できない状態です。

    需要を考えて1枚の布での作り方の紹介をされるんですね。
    需要にこたえ、作れるところが凄いです。

    文庫本の縦は、ハガキとほぼ同じくらいですね。
    7㎜×2=14㎜+プラス15センチ=16.4センチ、6㎜の余裕で17センチなんですね。

    テープは本体の17せんちより5㎜長い17.5センチですね。
    17センチにしないのは布の厚みの為ですね。
    いろいろ寸法決め、難しいです。

    今度は、無駄が出ず、ジャストサイズになって何よりです。
    ちょうどのサイズだと見た目いいですね。

  2. おー良いですな。ブックカバー。( ゚д゚)ウム もうちょっと固い素材ならマジで欲しい。

  3. marimo より:

    簡単に作れていい~♪Nickさんには物足りないという^^;
    これくらいが達成感があって良いかも☆と思ってしまいました。
    これこそ、合皮とかほつれない素材だったらあっという間ですね(笑)

  4. まひる より:

    ジャストサイズのブックカバーは使っていて気持ちよさそうですね。
    布地が可愛いので、持っていると気分が上がりますね。

タイトルとURLをコピーしました