久しぶりの大物 ~ スカート作るぞ!

大人服・子ども服

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ここのところ、ずっと小物しか作ってなかったので、久しぶりに大物を作ろうと思います。ちっこいものが無性に作りたくなる時と、でっかいものが作りたくなる時と、交互に波がやってくる。

人気のハンドメイド作家さんって、オリジナリティ溢れる素敵な作品があって、それを生地や色合いを変えて何個も作ってることが多い気がするんですよね。けど私の場合はオリジナリティがまだまだ全然ないのに加えて、飽きっぽくって同じものを続けて作れないという、、、 作家への道はまだまだ遠いなぁ。

まぁ、それは置いておいて、今回は久しぶりの大物、スカートです。うーん、スカートにするか、ガウチョにするか、、、

スカートにする!

だいぶ前だけどガウチョやワイドパンツは作っているので、今回はスカートにしようと思います。

この簡単ガウチョは、ヘビロテの予感
にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。 この前娘のスカートを作りました。先週記事にしたこのスカートです。パッチワークの...
自分用のワイドパンツはやっぱりシンプルなデザインが重宝する
にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。 最近自分の着るボトムスが足りないなぁ、と思っています。いくつか古くなってしまっ...

以前スカートも作ったのだけど、余り布だったので丈がちょっと短めでね、ふくらはぎの真ん中くらいまでしかない。ゴムウエストで楽チンなこともあって、家でリラックス用にはいています。

でも今時はマキシ、つまりロング丈が主流だから、そういう長めのスカートが欲しいんです。ちゃんと外出時にもはけるようなスカートにしたい。

一番簡単なスカートは、ただ四角い布を縫い合わせて筒にして、上にゴムを通し、裾を三つ折りにして縫えば完成。実はあっという間にできる。おうちで履く用にはぴったりです。私が家でリラックス用にはいてるちょっと短めのスカートもこのタイプ。

ただね、この四角を縫い合わせる簡単タイプは、裾のボリュームを出すとウエスト側も生地量が増えてしまうので、ゴムウエストだとどうしてもポッテリ気味になる。薄手のテロンとした生地ならいいけど、生地によってはますますおデブちゃんに見えてしまう可能性大です(泣)。

それを避けるには、生地を台形にするか、それともウエストにダーツかタックを入れて押さえるか、ベルトを別布で作るか、かな。素人なので他にもっといいやり方があるのかがわからない。勉強しなきゃなー。まぁ、取りあえず作ってみるさ。

スポンサーリンク

製図と布の裁断

今回はこんな薄手のデニム。生地屋さんで手に入れました。デニムを接ぎ合わせたような面白い生地です。そしてちょっとユーズドのような雰囲気。

でね、あれこれ検索したり調べたりした結果、こういう形で作ることにしました。恒例(?)のへっぽこ製図でご紹介です。

○に数字は縫い代。これ以外の縫い代は1cmです。そして全て縫い代を含んだ長さです。

できあがりのスカート丈は83cmの予定。自分の持ってるスカートやガウチョの中で一番気に入ってる丈がこのくらいなので、それに合わせました。

スカート本体は台形です。ベルト部分を別に付けようかと思ったけど、このままでも大差なさそうなので一体で作ろうと思います。この形だと四角のスカートとは違って、ウエストのもたつきも少なくなるんじゃないかな。

と思ったら問題発生!

あじゃー、問題発生です! 生地幅 x 2mの長さで買ってたと思ってた生地が、何と160cmしかありませんでした(泣)。

このまま前スカートと後ろスカートを裁断すると、それぞれ80cmになってしまいます。そこから縫い代を付けたりウエストにゴムを入れたりすると73cmになる。考えてるのより10cmも短いスカートです。これじゃ長さが全く足りない。長いマキシスカートを目指してるのに、、、

でもこの生地は、縦でちゃんと使いたいんですよね。柄が縦長の四角だし。

んー、どうすればいいだろう、、、 少しでも丈をプラスしなくては。

スポンサーリンク

ベルト付きにします

丈を伸ばすために、①4cm幅のベルトを付ける、②裾の縫い代は3cm → 2cmに縮める、③その他の縫い代は1cm → 7mmにする、の3つをやることにしました。これで約82cmくらいのスカートになるはず。許容範囲だわ。

ベルトは「わ」にして折って作るので、生地としては縦10cm x 横52cm x 2枚かな。うまく裁断しないとベルトの生地が残らないかも。慎重にやらねば!

・・・ チョキチョキ、チョキチョキ(裁断中)

どうにかこうにか裁断はうまく行きました。ベルトは用尺が足りなくて一部継ぎ足す必要が出てしまいましたが、まぁゴムウエストだから細かくは見えない部分だしね。ふぅ~ チカレタ。

スポンサーリンク

縫い縫いタ~イム♪

さぁ、やっとやっとやって来ました! 楽しい縫い縫いタイムの到来です。縫っていくぞぃ!

今回は実家の母からもらったロックミシンで布端の処理をします。前回は試しで使ったロックミシン、実際に作るのに使うのは初めてです。

初めてロックミシンに挑戦してみた~!
実家の母からもらった古いロックミシン。ママ友に教わってやっと使えるようになりました。使ってみたら、これとってもいい! 使ってみたレポです。

まずはスカート本体の脇と裾、つなぎ合わせたベルトの長い方を全部ロックしてみました。ドキドキするけど楽し~い!

あとは縫い合わせて行くだけ。まずはスカート本体の片方の脇を本縫いです。

ここにベルトを縫い合わせていきます。ベルト部分もなるべく柄を合わせました。

そしてスカート本体のもう片方の脇をベルトも含めて縫い合わせます。ベルトは一部ゴムを通す部分を空けておきます。

次に、ベルトを「わ」で折って表の縫ったところの境目に落としミシン。

これが正しい縫い方なのかはよく分かんないけど、できあがりは大丈夫そう。

さらに、ベルトは中央もグルリと一周縫って、ゴムを2本通す仕様にしましたよん。ゴム2本の方がウエストにしっかりフィットする感じがして好きなんです。

あとは裾ね。ロックをかけてあるので、三つ折りではなく二つ折りでOK。2cmで折って本縫いしました。

そしてゴムを通したら、、、

スポンサーリンク

マキシ丈のスカート、完成です♪

長めのスカート、完成しました。いろいろ問題が起こったけれど、どうにかこうにか完成です。ふぅ~。

あれー、色がヘンに写ってるなぁ。グレーっぽい。ほんとはもっと青い生地です。

手持ちのパーカーと合わせてみました。こっちの方が実物に近い色合いです。ほんとはさらに青い。

うん、何だかちょっと今どきっぽいスタイルじゃないかな、ふふふ♪ なかなか良さげなマキシ丈のスカートになりました。これは今後愛用できそうです。苦労した甲斐がありました。良かったわ♪

 

 

新しい挑戦。ミンネで作品紹介・販売を始めました。点数はまだまだ少し。これから増やしていきたいです。ぜひこちらからNon Billy Nick Ollieのギャラリーを覗いてみてくださいね。

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. ( ゚д゚)ウム 最近、クマオの出番が少ないよね。

  2. marimo より:

    パーカーが今年はやっているので、それに合うブルーのマキシ、いいですね^^
    そうそう、四角にで作るとお腹周りがぽってりしちゃう、わかりますわかります!
    細身でさらっと履きこなしたいです♪

  3. 小物もいいけど、大物はわくわくしますね。
    小さいものが作りたい時と大物がつくりたい気分の時と
    交互なのがNick Ollieさんなんですね。

    私の場合、洋裁に挑戦するとしても、部屋が片付いてないので、
    小さい物でないと作りにくい状況です・・・(;・∀・)。

    でも同じ物何個も作るの飽きますよね・・・。
    どんどん違うもの作りたくなるのが人情だと思います。

    今、マキシ丈、ロング丈が主流なんですか・・・。
    そういえば、ファッションブログの人、見てると、マキシ丈の
    紹介が多いのは、その為なんですね。

    歳と共に洒落っ気がなくなっている私は服の流行に疎いです。

    四角を縫い合わせるタイプが、ゴムウエストだとぽってり気味なんですね。
    さらに生地によっておデブに見えるのは、泣きたくなりますね。

    これから作るからには、やっぱり前より良い物にされたいわけですね。

    デニムなんですね。ぱっと見、チェックの柄かと思いました。
    スカート本体台形で、ウエストのもたつきの少ない製図なんですね。
    どんどん、改良されてて凄いです。

    途中で、生地が足りない事に気付くって、悲報ですね・・・(;´Д`)
    でも、ちゃんと長さを出す為のその後の工夫があるのがいいですね。
    ここで、諦めたりしないんですね。

    途中、ロックミシンもあり、便利になりましたね。
    完成、おめでとうございます。

    色がグレーっぽく、写真によっては青で、色は結構、
    違って写りますね。

タイトルとURLをコピーしました