今年こそ、夏の帽子

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。ご挨拶代わりにポチっと下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

 

コロナも収まってきて、最近、マスクを外す機会も増えてきましたねー。

コロナ禍の真っ只中に知り合いになったご近所さんがいます。だからマスクをしてない時の顔を知らなかったの。この前初めてマスクなしの顔を見たら、、、「ん? 誰? 別人?」だった。

マスクしてる時は穏やかでおとなしそうなオジサマだと思ってたのだけど、マスク外した顔は実はワイルド系。しかも意外と若手だった。あまりのギャップにびっくりしたのでした。

 

スポンサーリンク

ミス続きだなー

さてさて、ハンドメイドです。

だいぶ前に夏の帽子を作りました。だけど、生地選びを間違えてちょっと厚手デニムを使ったので、夏には暑くてかぶりたくない帽子になっちゃった。

夏の帽子だけど、厚くて暑いか
夏向けのつばの広めの帽子を作りました。つばが広めでもヒラヒラしないハットを目指しました。まずまずの出来上がり。でもデニム生地が厚くて、夏には暑い帽子かも、、、トホホ

なので、今回はもう一度、夏にちゃんと使える涼しめ帽子を作ろうと思います!

それにしてもこの帽子と言い、先日の夏のワンピースと言い、最近いろいろミスることが多いなー。ハンドメイドの世界ってとっても楽しいけど、難しいこともたくさんあるな、と感じるこの頃です。

夏の簡単ワンピース、完成しま、、、せん!
この前から作り始めた夏のワンピース。なかなか上手く行かなくて、苦戦中です。

実は布の山だけではなく、失敗作品の山もひそかに持ってる。大きな山持ち。ははははは、、、汗

 

夏の帽子アゲイン

ということで、夏の帽子を作っていきまっせ~。

型紙は前回の厚い帽子の時に改良したので、多分これで大丈夫。これね。

 

んー、でも今回はバケット型じゃない帽子にしたいなぁ。被るところは頭に沿うような丸い形にしたい。

そうそう、昔チューリップハットを作った時の型紙があるはずだわー。これをアレンジしてサイドに持ってくれば良いかも。

ごそごそ
(探し中)
ごそごそ

あった! これ、これ。チューリップハットの型紙です。もう7、8年前に作ったっきりだな、チューリップハットは。この型紙の下側のヒラヒラのところを取っちゃえば使えるんじゃないかなぁ。

 

ということで、こんな形の型紙ができました。釣鐘みたいなのがサイドクラウン、バウムクーヘンの切れ端みたいなのがブリム(つば)。

スポンサーリンク

 

こんな生地なら大丈夫かな?

前回の反省も踏まえて、あまり厚すぎない生地にします。これ、どうかな? 茶色の無地、しっかりめ綿麻の布です。今度は柔らかすぎかな? わからん、、、

んー、悩ましい、、、 少し柔かめのオックスとかの方が良いのかな? まぁいいや、これでやろう。接着芯も貼ることだし。

よし、裁断! チョキン!

白にグレーのポツポツ線の生地は内側に使います。

この画像には裁断した一部しか写ってません。実際に裁断したのは、ブリム2枚とサイドクラウンの表地6枚、内布6枚で、結構な枚数があります。

さらに接着芯は普通タイプのものを、表地にも内布にも全部貼ると良い、と参考にした帽子の本に書いてあったの。だから頑張った。14枚すべての生地に貼りました。

縫う以前のここまでの下準備が一番大変だった気がする。

 

やっとこさ、縫っていくよ~♪

さぁ、やっと縫い縫いタイム突入です。釣鐘みたいなサイドクラウンからね。

まずは2枚を中表にして縫います。下は端から、頂上は印まで。

そこにもう1枚、同じように縫って、3枚合わせます。

これを2セット作ったら、ふたつ合わせてグルリと半円を縫う。

表地も同じように縫って、表地と内側と2つのサイドクラウンができました。なかなか、いいんじゃなぁい?

スポンサーリンク

 

ブリムは今回は1枚で断ちました。表地も内布も1枚。でっかい。

このブリム2枚を中表に合わせて外をグルリと一周。でも、縫ってる途中だけど、急遽方向転換することにしました。

最初はドーナツ状にするつもりだったの。けど、後ろが分かれてるブリムにすることにしました。ということで、不要部分をカットして縫いました。

端を押さえ縫い。んー、まぁまぁ綺麗に縫えたかな。

 

このブリムをサイドクラウンの表地に仮留めしました。後ろが分かれてるブリムって、こういうこと。暑い夏、ちょっとだけでも涼しくなるんじゃないかと思って。

 

ここに、内側のサイドクラウンも中表に合わせて、本縫いです。今こんな感じ。もう少しで完成だ~♪

返し口からひっくり返し、口を閉じ、最後にブリムとサイドクラウンの縫い目脇を押さえ縫いしました。こちら、押さえ縫いしてるとこ。

スポンサーリンク

 

完成しました!

夏の帽子、完成しました。今回のは厚すぎない。夏でも大丈夫な帽子になりました。リベンジできた!

柔らかいけれど、ブリムはしっかりしています。大きすぎないから、風で飛んじゃうこともなさそう。佳きよ。厚くないから暑くないし。

被ってみました。着画がこちら~。いつものように、着画は小さめで。上から撮ったら、顔が細めに写って嬉しい♪

うん、いい帽子ができました♪ この夏に活用できそうです。

 

 

新しい挑戦。ミンネで作品紹介・販売を始めました。点数はまだまだ少し。これから増やしていきたいです。ぜひこちらからNon Billy Nick Ollieのギャラリーを覗いてみてくださいね。→ 現在新しい作品の出品は少しお休みしています。

 

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. Ouna より:

    おはようございます♪
    デザインもステキな夏の帽子♪
    いいのが仕上がりましたね。(*^^)v

  2. マスク無しの顔を見た事が無かった御近所さん。
    マスクを外すと別人だったんですね。
    おとなしそうだと思ったら、ワイルドな雰囲気なんですね。
    そういうギャップがあるんですね。

    前に作ったのは生地が暑くて暑苦しくなったんですね。
    秋にきれば、問題ないですね。

    ハンドメイド失敗作もあるんですね。
    縫製のミスは駄目でも
    生地の厚さの問題は着る時期を変えればOKですね。

    帽子の型紙、自力でかんがえているんですね。

    チューリップハットという呼び名があるんですね。

    7~8年前に作ったんですね。
    生地えらび、薄すぎてもいけないし
    難しいですね。

    後ろがわかれているのは、髪の毛を結ぶ人にもいいですね。
    そして涼しくもなりますね。

    着画、おおきく見てみたい感じします…(´艸`*)

  3. AKAZUKIN より:

    涼しげな帽子ですね!
    いいなー。帽子、作れたら楽しいだろうなー。

  4. Nick Ollie Nick Ollie より:

    皆様、いつもコメントありがとうございます♪

    久々の帽子作りでしたが、今回はちゃんとできて良かったです。慣れればもう少しスムーズにできるかな、と思ってます。

タイトルとURLをコピーしました