夏といえばフレンチスリーブ~♪

大人服・子ども服

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

もうすっかり夏。暑い日が続いていますね。夏になるとフレンチスリーブのトップスを作ることが多いです。そしてこの夏ももちろん作ることにしました。

今までに自分用や娘用に作ってきたフレンチスリーブのトップスたちはこちら。

夏の柄と言えば、マドラスチェック!
   夏になりましたね。ついこの前まで関東は梅雨寒でヒンヤリしてる日も多かったのに、いきなりあっつい夏がやってきた。毎日汗をかきながらもミシンを踏んでいます。 こんな夏向け生地で、、、 夏もやってきたことだし、今回...
も一回! 自分用のブラウスを作り直す
この前作ったブラウス、小さすぎて入らなかった、、、という大失敗をしてしまいました。今回はそのリベンジ。ちゃんと着られるものが作れるか?? ふふふ、大丈夫そうかな。
フレンチスリーブブラウス作製の全工程、そして地味に楽しいヒモ作り
   もう夏も終わってしまったけれど、前に買ってきた薄手のかわいい生地がそのままあるので、これを使って娘のためにフレンチスリーブのブラウスを作ろうかな、と思っています。 布がとっても好きなので、こうやってついついいろんな...

 

今回はこんな明るい生地です

今回使うのはオレンジのようなピンクのような色合いの生地です。サーモンピンクね。編んであるタイプのコットン。触ると少しヒンヤリします。冷感素材なのかな? 買った時にはそんなことは書いてなかったけど。これは夏にピッタリな生地かもしれないです。

 

ニットだから伸びたりして縫いにくいかなと思ったのですが、 試し縫いしてみたら意外とイケる。そんなに伸びなくて縫いやすい生地です。普段よく使うシーチングやオックスの布を縫うのとあまり変わりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

製図はこれ~♪

前に自分用に作ったフレンチスリーブの型紙があるのですが、これを少し手直しすることにしました。

このブラウスを作った時の型紙を手直しです。

も一回! 自分用のブラウスを作り直す
この前作ったブラウス、小さすぎて入らなかった、、、という大失敗をしてしまいました。今回はそのリベンジ。ちゃんと着られるものが作れるか?? ふふふ、大丈夫そうかな。

 

というのも、このブラウスは大きめで風がよく通って気持ちいいのだけど、もう少し幅を狭くした方がスリムに見えると思うんですよね(無駄な抵抗かもしれないけど、でも少しでもスリムに、、、汗)。

あと、私は割とロング丈のスカートやガウチョを着ることが多いので、トップスはもっと短めの方がバランスがいい。4cmほど短くしようと思います。

袖は長めにした方が、プルプルする二の腕が目立たないよなー。

この3点を反映してこんな製図にしました。昔の型紙に比べて幅は4cm細くした26cmとなっています。丈も同じく4cm短くした53cm、袖は7cmほど延ばしました。

 

この製図に、袖は1.5cm、裾2.5cm、襟回り5mm、その他は1cmの縫い代を付けて裁断です。

 

こんな風に作りました

今回は何だか作ることに熱中していて、途中に殆ど写真を撮ってませんでした。

作り方はの主な流れは、、、

  1. 裁断したら、後身頃に開きを作る
  2. 前と後の肩を縫い合わせる
  3. バイアステープで襟回りを処理
  4. 脇を縫い合わせる
  5. 袖口を5mmと1cmの三つ折りで縫う
  6. 裾を1cmと1.5cmの三つ折りで縫う

 

こちらが後の開きと襟回りです。今回ヒモは市販のものを使っています。ボタンはまだ付けてない。

 

袖口と裾は三つ折りです。袖が長めなので、三つ折りで綺麗に始末できました♪ 袖口の写真。

 

スポンサーリンク

 

くるみボタンの工夫

最後の工程、背中の開きの部分に付けるくるみボタンを作ります。いつものように100円ショップで購入したくるみボタンキットを使って作りますよ~♪

今回のようなニット地や薄手の生地でくるみボタンを作る時は、生地の裏に薄手の接着芯を貼ると、くるみボタンのパーツの銀色が透けなくて良いようです。

ということで、比べてみよう! やってみよう! 生地裏に接着芯を貼ったもの(左)と貼ってないもの(右)とを準備しました。

 

これでそれぞれくるみボタンを作ってみました。細かい作り方はこちらから確認してくださいね。

くるみボタンキットで刺繍ブローチに挑戦
春になってきたので、お花の刺繍をしたブローチを試作してみました。かわいいけど、まだまだ練習しなきゃな。くるみボタンキットを使って作りました♪

 

できたボタンがこちら。左が接着芯あり、右がなしです。やっぱり左に比べると、右の方は銀色のボタンパーツが透けて見える。気になる場合はやっぱり接着芯を貼った方が良さそうです。

 

全体像はこちら~♪

ということで、この夏用のフレンチスリーブのトップス、こんな風に出来上がりました。うん、なかなか良いんじゃないかな。ただ、この生地はニットなのにシワになりやすい。アイロンざっと掛けたのに、シワシワぢゃ~。

 

前に作ったガウチョを合わせてみました。やっぱり着丈は短めの方がバランスがいい感じがしますね。

 

この簡単ガウチョは、ヘビロテの予感
   この前、娘のスカートを作りました。先週記事にしたこのスカートです。パッチワークの柄がかわいくて、なかなか良かったスカートです。 そうすると自分用にもボトムスが欲しくなりました。いや、そんなにかわいい...

 

着てみたのですが、なかなか着心地が良かったです。少しヒンヤリで気持ちいい。ん~♪ 気に入ったのができました。

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. marimo より:

    あ、涼し気でとっても気持ちよさそう~~~♪
    シワがいきやすいのだけは難点ですね^^;
    短い丈×ガウチョがめっちゃいい感じです☆
    作り方が簡単そうなので、色違いでも持ちたいくらいですね!

    • Nick OllieNick Ollie より:

      marimoちゃん、いつもありがとねー♪

      そうなの。これ冷たい生地でなかなか気持ちいいんです。今回の製図でほぼ型紙は固まったなーと思っています。今後はこれで作る予定。も少しシワにならない生地で作ろうと思ってます。

  2. 赤系ですが、なんか爽やかな感じで夏でもバッチリ合いそうですよね(^^♪
    活発な感じでメッチャいいっす(≧▽≦)

  3. あぁ~涼しそう♪
    見てる方も涼しく感じますよね♪(*´▽`*)

  4. フレンチスリーブは夏になると着る事が多いですね。
    袖口のゆったり感が女性らしいです。

    確かにオレンジのようなピンクのなので・・・
    サーモンピンクに近い色味ですね。

    明るい感じのするサーモンピンクは、春夏に着ます。

    見た目は、ガーゼのように少し目がはっきり見えるので
    風を通し涼しそうな印象の布です。
    冷感素材のようなヒンヤリ感まであるのですね。

    ニット生地はミシンで縫いにくい素材ですよね。
    でもシーチングの生地とかのように縫いにくくなくて何よりです。

    大きいぶかぶかなデザインは身体にぴったり布がつかないし、風が通るので涼しいですね。
    でも着ぶくれしちゃう欠点がありますね。
    そこで、少し、前に作ったのの幅を訂正する事にされたんですね。

    ガウチョだと上の服の丈は短い方がいいですねぇ。
    そこで、幅だけでなく丈もつめるんですね。

    袖は長めはいいですね。二の腕隠したいですね。

    フレンチスリーブの袖、後、もう少し長ければ
    いいのになぁと思います。

    洋裁できるといいですね。
    自分の理想のサイズ感にできるんですね。

    私は袖は長め。丈は短め。幅は太っているんで太目が希望です。

    こういう希望も型紙に反絵できるのはいいですね。
    型紙修正とは難しそうです。

    作る事に熱中すると、写真は忘れる事ありますね。
    もう一度作る時の参考の為にも写真があると後で助かる事も多い気がしますが・・・。

    背中の部分につけるボタンは、手作りなんですね。
    市販ですまさず、生地と同じ布で作るから調和がとれますね。

    生地が薄い時は、くるむ前に生地の裏に接着芯を貼る方がいいみたいですね。
    接着芯を貼ってンあいバージョンも作り検証した結果、明らかですね。

    出来上がりは、丈とかもこだわって短くした分、ガウチョと合いますね。
    皺はありますが、たぶん着ちゃえば気にならないですね。
    混ぜ織のように白とピンクの糸が混じった感じなので、単色より皺が気にならない気もします。