簡単にできます! 大きなリボンのお弁当袋の作り方

作り方

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

この前、大きなリボンのお弁当袋について書きました。そうしたら「もう少し細かい作り方を教えて!」とお友だちに質問されて、すっかり嬉しくなっています。なので今日はこの大きなリボンのお弁当袋の作り方です。

大きなリボンのお弁当袋はなかなかラブリー
   にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。 今回はね、前から作りたかったお弁当袋を作りました。最近あちこちでちょく...

 

今回はこんな生地で

準備した布はこちら。表に使うのは、赤地にいろんな色の花とときどき黒猫ちゃん柄。そしてリボンと内布は、薄いベビーピンクに白が混じったような無地の生地を使います。

お弁当袋の表布

 

お弁当袋の内布とリボン

 

このピンクの方は、先日作ったマスクの外側と同じ生地です。柔らかくてニュアンスのあるコットン。

今の時期に必須! シンプルな立体マスクの作り方
世の中マスク不足で大騒ぎですね。うちも在庫が減ってきたのだけれど、なかなか手に入れられません。なのでいくつかハンドメイドで作ることにしました。簡単な作り方をご紹介しています!

 

生地を裁断

このお弁当袋の簡易型紙がこちら。本体とリボンの型紙で、それぞれ1cmの縫い代込みです。本体の方、本来ならば、こんな「わ」だらけじゃない型紙が良いと思うので、簡易型紙としてます。

お弁当袋本体簡易型紙

お弁当袋リボン型紙

 

この型紙で、以下のサイズのお弁当袋になります。

  • 本体: 高さ14cm x 横16cm x マチ10cm (縦横はマチを含まない)
  • リボン: 幅10cm x 長さ24cm

もともと園児向けくらいで作ったので、少し小さめ。なので、ご自分のお弁当箱やその他入れるものに合わせてサイズを変えてくださいね。

 

続いては、生地の裁断です。本体の表側と内布はそれぞれ1枚ずつ、リボンは2枚ずつが2組で合計4枚。本体はこんな太いHのような形になります。

裁断した生地

 

スポンサーリンク

 

さぁ、縫うよ、楽しいよ♪

まずはリボン

まずはリボンから縫っていきます。2枚を中表に合わせて、下の直線部分以外をグルリと縫います。こちら、カーブの辺りを縫ってるとこ。

リボンを縫う

 

縫ったら、縫い代のカーブに切り込みを入れます。このカーブ部分はひっくり返すと縫い代が内側で重なりあうので、こうやって隙間が空くように切り込みを入れました。

切り込みを入れる

 

このリボンを表に返し、アイロンで整えます。これが2本ね。ハートになった♪

リボンでハート

 

続いて本体も

次は本体です。初めに内布を縫いました。まずは半分に折って両サイドを。

両サイドを縫う

 

続いてはマチです。先ほどのサイドの縫い代を割りそこを広げると、マチ部分がぴったり合うはずです。この下側部分ね。ここを縫えばマチになります。両側とも縫います。

マチを縫う

 

表の黒猫ちゃんの方も同様に縫います。するとこんな袋がふたつできました。

 

スポンサーリンク

 

あとは全部を合わせて、、、

ここまできたら、あともう少しです。まずは2本のリボンを本体表側に仮留めします。サイドの縫ったところとリボンの中央が重なるようにします。この画像で分かるかな?

リボンの仮留め

 

続いて、本体の表側と内布とを中表に合わせて、返し口を8cmほど開けて、それ以外をぐるりと一周縫います。これ、縫ってるとこです。

返し口を残して周囲を縫う

 

返し口はこの8cmほど開いているところです。ここから表にくるりとひっくり返します。表にしたら、内布を中に入れるとほぼ形が見えてきますよー。アイロンをかけて落ち着かせると、その後の作業がスムーズです。

返し口からひっくり返す

 

最後に袋の口、端から5mmのところを一周押さえ縫いです。こうすると返し口を手縫いで閉じなくても、返し口が分からなくなります。

周囲を縫う

 

因みに、私の相棒のうちのミシンちゃんは、押さえ金の真ん中に付いている線の部分がちょうど針から5mmなので、いつもこの線を目安にして縫うようにしています。

 

スポンサーリンク

 

最後にプラスナップを付けます

最後にプラスナップを両面の中央、それぞれ上から1.5cmの所に付けます。このプラスナップは必須じゃないです。なくても大丈夫だし、普通のスナップにしたり、ボタンにヒモでもいいかも。ヒモの場合は、中表にして本体を縫うときに、先に挟んでおいてくださいねー。

今回使ったプラスナップはこれ。100円ショップでも最近売ってるこのプラスナップは、専用の打ち具が不要で、手でぎゅっと押せばはまるタイプです。便利なのでよく使ってる。

プラスナップ

 

この4つでワンセットです。上のふたつがトップ。下の右側の凸になっているのがゲンコ、左側の凹型がバネかな。トップとゲンコ、トップとバネでそれぞれ生地を挟む感じです。

まずはプラスナップをつける場所に小さな穴を開けて、そこにトップをグイっと押し込みます。

トップをさす

 

裏側から見るとトップの足の部分がこんな感じでのぞいてるので、そこにゲンコまたはバネを合わせます。

 

で、力を入れてパチンと押すだけ。立って体重をかけながらやると、スムーズにできる気がするな。

ほい、パチン! できました!

プラスナップがつく

 

これをもうワンセット、場所と向きを確認しながら付けます。

 

スポンサーリンク

 

かわいいリボンのお弁当袋、完成!

またかわいいリボンのお弁当袋ができました♪  ふふふ、赤地に花と黒猫ちゃん柄がなかなかかわいい。そこにピンクのリボンで、さらにラブリーです。

まずは上からの画像です。

大きなリボンのお弁当袋・上から

 

そして今度は斜め上からも写真を撮りました。

大きなリボンのお弁当袋・斜めから

 

次はもう少し大きいお弁当箱用にも作ろうと思っています。というのもね、うちの娘も大きくなって、今までのサイズだとお弁当の量が足りないらしい。あと、おしぼりケースとかカトラリーとか、意外とお弁当袋に入れなきゃいけないものって多いからね。まぁ、滅多にお弁当を持っていくことはないのだけれど。

また作るぞ!

 

大きなリボンのお弁当袋はなかなかラブリー
   にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。 今回はね、前から作りたかったお弁当袋を作りました。最近あちこちでちょく...
入園・入学時は何を準備する? 作らなきゃならないグッズ一覧とその作り方リンク♪
   春ですね~。あったかくって気持ちいいですね~(花粉症がキツイけど、今年は特に)。4月になると幼稚園や保育園への入園、小学校への入学の季節です。それに向けてそろそろ準備しなきゃ!と思ってる方も多いんじゃないかなー。 ...

 

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. marimo より:

    大きなリボンがかわいい♪
    だいたいは紐だし、ナプキンは四角いからこんな丸っこいリボンにはならない。
    ありそうで無いデザインでいいですね☆

    • Nick OllieNick Ollie より:

      marimoちゃん、いつもありがとー♪

      ちょっとね、ランチタイムが楽しくなるお弁当袋でしょ。しかも割と簡単に作れるので、オススメです!

  2. これは女の子がめっちゃ喜びそうなデザイン(^^♪
    成長期ですもんね(^^♪
    このリボンでさらに弁当もおいしくなるってもんですよ♪

    • Nick OllieNick Ollie より:

      えたばりゅさん、コメントありがとう♪ございます。

      これ、女子はほんと喜んでくれます。「かわいい~♪」って言ってくれるので、作り甲斐があるんですよね。

  3. ビー玉 より:

    これはお友達のあいだでも話題になったのでは?
    職場でお弁当を食べていたころは、お弁当袋をついついみてしまっていたけど、こんなかわいいのは無かったよ〜(((uдu*)ゥンゥン
    お弁当を開ける前からワクワクする+.d(・∀・*)♪゚+.゚

    • Nick OllieNick Ollie より:

      ビー玉ちゃん、いつもありがとー♪

      楽しいランチタイムだから、グッズもかわいくしてテンション上げたいなー、と思って作りました。意外と簡単にできます。ぜひ~

  4. ( ^ω^ )ニコニコ なかなか良い感じですね。

    • Nick OllieNick Ollie より:

      ましゅーさん、ありがとうございます♪

      なかなかかわゆいでしょー。ふふふ。作ってると楽しい♪

  5. リボンのお弁当袋とは、見かけないデザインですね。
    とても女の子らしくて可愛いです。
    まぁるいフォルムのリボンがキティちゃんが付けているリボンのようです。

    赤い布地に大きな花と黒猫が元気な感じです。

    わと書いてある部分は切らずにつながっており、実際にはこの倍のサイズですね。
    型紙の紙が足りない時や小さい時は、そのようにするのですね。

    縫い代のカーブの部分はこういった細かい切り込みを入れているんですね。
    縫い代が重なり合うと、ボコボコするからでしょうか・・・。

    必ずと言っていいほど内側も美しく布をつけているんですね。

    弁当袋の巾着タイプなら持ってますが、内側まで綺麗にせず、
    布の裏側剥き出しでした。
    いつも、たいがい裏地もつけていて、綺麗ですね。

    金属でないこういうプラスナップがあるんですね。
    専用の打ち具も要らず、手で押せばはまるのは便利ですね。

    • Nick OllieNick Ollie より:

      ウラジーミルさん、コメントありがとうございます!!

      このお弁当袋の場合、裏地を付けても意外に簡単にできるんですよ。布端をジグザグしないで良い分、却ってラクチンかもしれません。

      ハンドメイドするようになって、いろんな副資材があることを知りました。このプラスナップも割と最近知ったものなんですよー。