フタ付きお箸入れを作ろう

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。ご挨拶代わりにポチっと下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

 

うちの娘の学校では、給食の時にお箸を使う日があります。カトラリー類の内、何故だかお箸だけは家から持っていくというルールになってる。忘れると職員室に借りにいったりしなきゃいけなくて、それが嫌だということで、娘は学校のカバンの中に予備のお箸も入れています。

で、学年が変わった時にカバンの整理をしてたら、この予備のお箸がひどいことになってたらしい。最近殆ど使ってなかったみたいで、お箸ケースを開けてみたら、消しゴムカスや鉛筆の芯のカケラが入り込んでいて、きったなーい状態。どうやらお箸ケースをそのままカバンの中に突っ込んでいたのが原因だと思われます。

んー、解決策としてはきっとお箸ケースをそのまま入れられるカバーみたいなものがあれば良いのではなかろうか。

新品の予備用お箸

新しいお箸を買ってきました。それがこちら。

ケース付きのお箸。これをすっぽりそのまま入れられるお箸入れを作ろうと思います。そうすればケースの隙間から消しゴムカスが入ったりすることもなくなるだろうな。

お箸ケースの大きさは、幅3cm x 長さ21cm x 厚み1.5cmほど。前に作ったフタ付きものさし入れとおんなじような形にしようと思います。

フタ付きものさし入れは意外と簡単に作れちゃう
ママ友のリクエストで、フタ付きのものさし入れを作りました。これがね、手が込んでるように見えるのに、意外と簡単に作れるんです。

準備するもの

以下を準備しました。お箸入れは小さなものなので、用意する生地もハギレとかで大丈夫。あとは面ファスナーね。

前のものさし入れは表地を長~い1枚の生地で作ったけど、今回は表地は2枚仕立てにします。

  • 正面: 幅6.5cm x 長さ25cm(表地、内布各1枚)
  • 背面: 幅6.5cm x 長さ30cm(表地、内布各1枚)
  • 面ファスナー: 2cm x 2cm x 1組

今回の布はこちら。柄のが表地、無地のピンクを内側に使います。表の布は薄手だったので、接着芯を貼りました。

スポンサーリンク

作り方♪

さぁ、縫っていくぜぃ。楽しい縫い縫いタイムです。縫い代は全て7mmで作りましたよん。

まずは正面側の表地と内布を中表にして、短い辺を1つだけ縫います。表に返したら端ミシン。そして面ファスナーを付けます。端から1cm下がったところの中央。

これ表地しか写ってないけど、ちゃんと反対側に内布もついています。

背面側の内布にも面ファスナーをつけます。端から2cmの中央。

続いて、表地の正面側と背面側とを底の部分でつなぎます。柄に上下がある場合は向きに気を付けてね。

ここまでくれば、あともう一息です。続いては、生地を中表に重ねていきます。こんな感じに、まずは表地の正面側と背面側を中表になるように重ね、、、

そこに残っている内布を中表になるように重ねます。

内布の底は1cmずつ外側に折っておきます。こうすれば、後からここを縫い閉じなくても大丈夫です。ちょっとピンぼけ画像。

そして、底以外の3辺をぐるりと縫いました。ただね、縫ってる途中に急に気が変わって、上のフタ部分を丸くすることにしました。最初は四角く縫おうと思ってたのだけど。

縫い代のいらないところをカットし、カーブに切り込みを入れたら、あとはひっくり返すだけ。でも細いのでひっくり返すのは結構時間が掛かったかなぁ。

まずは1回ひっくり返すと、こんな状態。全部内側になってる感じ。

ここからポケット部分をもう1回ひっくり返すと完成です。

スポンサーリンク

お箸入れ、完成!

お箸入れ、完成しました。こんなのになりました。

お箸ケースと比べると、ぴったりサイズです。ちょうど良い。

便利に使えるお箸入れになりました。良かった、良かった。これで消しゴムカスも入りにくいね。

 

 

新しい挑戦。ミンネで作品紹介・販売を始めました。点数はまだまだ少し。これから増やしていきたいです。ぜひこちらからNon Billy Nick Ollieのギャラリーを覗いてみてくださいね。→ 現在新しい作品の出品は少しお休みしています。

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. ビックリ!何故、お箸だけ持ってかなきゃいけないのでしょうねぇ。
    フォークやスプーンは給食で出るのに何故でしょう。
    お箸も給食で出せばいいのに…。

    万一忘れたら貸出はしているんですね。
    何か独自ルールがあって不思議ですね。

    予備のお箸ケースがヤバい事になっていたんですね。
    予備分は本来分を忘れた時に使うものなので、
    忘れてない時は使わないので、ひどくなっていくんですね。

    なるほど、お箸ケースは、ものさし入れと似ているかもしれませんね。
    それを長さを変える感じに近いですね。
    面ファスナーというんですね。
    こういうのは・・・。マジックテープというかと思ってました。

    上の蓋を丸く変えたら切れ込みもいれるなど、
    やはり作り方、変化しますね。

    さすがに直はよくないので、ケースが出来て良かったです。

  2. おうな より:

    こんにちは♪
    このお箸入れなら、ゴミなど入らなくて衛生的ですね。(*^^)v
    蓋の形を丸くされたの、いいですね。(*^^*)
    お箸は細くて長い、衛生的に洗うのはとても手間ですよね。

タイトルとURLをコピーしました