今冬のキッチンでの相棒「アームカバー」を作りました♪ 作り方のコツも見つけました~

作り方

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

あんなに暑かった夏も過ぎ去って、いつの間にか長袖を着る季節になりましたねー。私はこの時期になるといつもアームカバーを作ります。台所仕事をするときに袖口が濡れたり汚れたりしないようにするためのもの。今年も先日ちょうど作ったところです。

このアームカバー、作り方を以前このブログに載せました。が、さらにいくつか「こうした方が上手く縫えるかも」という所に気付いたので、今回はその辺を中心にご紹介しますね。

簡単! すぐできる! 冬場のキッチンに必須のアームカバーの作り方(ラフな型紙付き)
   秋から冬、そして春まで、キッチンでご飯を作る時って、水仕事で着ている服の袖口がびちょびちょに濡れて困ることありませんか? あるよねー。特に深いお鍋なんかを洗う時は、腕まくりしてても気付いたら袖が下がってきて、袖口がびっち...

 

用意するもの

用意するのは、、、

  • 生地: 横 37cm x 縦 30cm x 2枚(縫い代を含む)
  • ゴム: 幅8コール(8mm)のゴム。袖口側 18cm x 2本、ひじ側 25cm x 2本
  • ヒモ: 幅1cm x 長さ5cm x 2本。半分に折って使います。ぶら下げ用なので、なくてもOK

 

布は毎回100円ショップでポリエステル生地を購入しています。コットンに比べて濡れても染みこみにくいし、乾きやすいと思うので、いつもポリエステルです。

今回もこんなのを買ってきました。白地に薄いベージュのストライプ。とてもシンプルな柄で、何にでも合わせやすそう。

 

そして今回はぶら下げられるようにヒモを用意しました。同じく100円ショップで購入したチロリアンテープです。

クマオに持たせてみました。が、これは、、、私の目指す路線と違う気がする。

はじめまして! クマオです
   先日からハギレ消費ウィークと勝手に称して、引き出しにぎっしり詰まっているハギレを少しずつ何かに作り上げる、ってことをやっています。今回も引き続きやっています。が、なかなか減らないねぇ。 また髪ゴム作りし...

 

クマオ系ではなく、こっちの路線でお願いします。

 

スポンサーリンク

 

型紙というか、製図かな

生地を裁断し、印を付けておきます。両手なので、2枚用意してくださいねー。

これは以前載せたのと同じ型紙(製図)。このサイズが私にはちょうど良いです。

 

印を付ける時、ひじ側のゴム位置の部分は、生地幅(35cm)の4分の1ずつのところにも印を付けます。そして、25cmのゴムも4分の1のところに印を付けてね。ゴムを縫い付けてシャーリング(略して、ゴムシャー♪)するための目印です。

物差しで測るのは面倒なので、半分折って、さらにその半分にして、折った所にそれぞれ印付ければラクチンです。

 

作る手順の確認

まずは手順を確認しますね。大まかなところは以下の通り。

【手順】

  1. 横をジグザグミシンで処理
  2. ひじ側のところにゴム(25cmのもの)をつける(シャーリング)
  3. 横を中表に合わせて縫う。手首側はゴムの入れ口を開けておく
  4. 両端をそれぞれ三つ折りにして縫う
  5. 手首側のゴムを通して完成!

 

コツがいくつか

今回作ってみて、「こうした方がいいかも」と思った点がいくつかありました。コツのような?

 

ゴムシャーの前に

手順1のジグザグをするとき、シャーリングするゴムの端も一緒にジグザグしておくと良いと思います。これ、ジグザグ中です。

 

こんな風に一緒にジグザグして仮留めです。こうしておけば、ゴムの端が縫い留めてあるので、ゴムシャーするときに縫いやすい。因みにゴムは、布の裏側に仮留めです。

 

あと、ぶら下げ用のヒモは半分に折り、ひじ側4cmくらいのところで、これも一緒にジグザグしておきます。ヒモは表側にね。

 

さあ、楽しいゴムシャーです!

手順の2、ゴムシャーです! ゴムシャー、大好き♪ 今回も楽しく縫いますよ。

まずは、4分の1ずつで印を付けたゴムと生地とを印の所でまち針で留めます。

 

これは前作った時の画像。まち針すると、長さが違うので当然こんな感じで生地側が弛んでいます。けど、大丈夫。ゴムを引っ張りながら縫うからね。

 

このゴムシャーの時、こうすればいいかなと思った点が3つありました。

1. 最初から引っ張らない

縫い始めからゴムを引っ張ると、針が後ろに下がったりしてしまいます。前に縫ってるはずなのにバックしてしまう。縫いにくいです。最初3針くらいはあまり引っ張らないで縫えばスムーズ。

この画像、まだ引っ張ってないです。ここから引っ張ろうとしているところ。

 

2. ゴムは印の線に沿って

ゴムの端を、生地に付けた印の線に合わせながら縫うとズレにくかったです。

こちら、分かるでしょうか、ゴムの横に線が見えています。ゴムの右端をこの線に合わせながら縫いました。

 

 

3. ゴムばかり引っ張らない

縫ってる時にあまりにゴムを引っ張りすぎると、これまた、前に縫ってるはずなのにバックしちゃったりすします。なので、右手はゴムを手前に引っ張り、左手は生地を向こう側に引く感じで縫いましたよ~。

 

スポンサーリンク

 

そして完成です

あとは手順の通り、横を縫い、両端をそれぞれ三つ折りして縫い、手首側のゴムを入れて完成です。

ほい、完成しました~♪ こちらがこの冬にキッチンでの相棒となるアームカバーちゃんです。「シンプル イズ ベスト」な感じになりました。

 

着画がこちら~♪ なんかね、腕があったかいです。

 

アームカバー、割と簡単に作れます。生地もそんなにいらないのが嬉しい。余り生地で作れるので、ハギレ消費にも良いかも。作ってみてくださいね。

簡単! すぐできる! 冬場のキッチンに必須のアームカバーの作り方(ラフな型紙付き)
   秋から冬、そして春まで、キッチンでご飯を作る時って、水仕事で着ている服の袖口がびちょびちょに濡れて困ることありませんか? あるよねー。特に深いお鍋なんかを洗う時は、腕まくりしてても気付いたら袖が下がってきて、袖口がびっち...

 

 

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. ビー玉 より:

    これは嬉しいっ!!
    冬場は何もせずに袖をたくし上げるか、割烹着かなんだですが、アーム カバーという選択肢がありました٩(●˙▿˙●)۶ ささっと付けられて可愛くていい( *• ̀ω•́ )b グッ

  2. オー良いですねぇ。(((uдu*)ゥンゥン

    アームカバー…僕は腕抜きと言ってました。(笑)