冬場のキッチンに必須のアームカバーの作り方(ラフな型紙付き)

 

秋から冬、春まで、キッチンでご飯を作るときに必須なのが、アームカバーですよね。水仕事をするとき、長袖だとどうしても濡れてしまうから、アームカバーがあると助かります。長袖を着て家事をする時は、私は必ずエプロンにアームカバースタイルです。で、今回は昨冬からずっと使ってきたアームカバーがボロボロになってしまっていたので、新たに作ることにしました。

 

型紙はこちら

まずはラフな型紙です。今まで手書きのヘッポコな型紙を載せていましたが、いろいろ見てくださる方もいらっしゃるので、ちゃんとした画像を作り直してみました。これで少しは見やすくなったでしょうか? 数字とかが小さくて読みにくい場合は、画像をタップしてみてくださいね。拡大できるようになっているはずです。

 

用意するものは、布・ゴム

用意した布とゴムのサイズはこんな感じ。

  • 生地: 横 37cm x 縦 30cm x 2枚(縫い代を含む)
  • ゴム: 袖口(手首)側 18cm、ひじ側 25cmをそれぞれ2本ずつ。太さは8コールのものにしました。

 

使った布はこんなのです。以前たまたま100円ショップで買っていたポリエステル100%の布です。アームカバーには、薄手のコットン生地よりも、水をはじきやすいポリエステルやナイロン系の布がいいですねー。それにしてもまた花柄、、、笑。私の持ってる生地はほとんどが花柄かチェック。たまーに無地。好みが分かりやすい。

 

アームカバーの縫い方・手順

私なりの縫い方の手順です。こんな流れで作っていきました。下の流れは片手分なので、これをもう1回やることになります。両手だからね。そして製作工程は、ゴムのシャーリング以外はそんなに難しくありませんよ。てかシャーリングも難しくない、楽しい♡

  1. 横をジグザグミシンで処理
  2. 手首側から18cm(縫い代含まず)のところにゴムをつける(シャーリング)
  3. 横を中表に合わせて縫う。手首側はゴムの入れ口は開けておく
  4. 両端をそれぞれ三つ折りにして縫う
  5. ゴムを通して完成!

 

ゴムのシャーリング部分は、、、

上の手順の2番、肘近くのゴムはシャーリングにします。通称「ゴムシャー」(笑)。これが縫うのが楽しいんですよん。まずは生地(裏側)、ゴムともそれぞれ4分の1のところに印をつけて、それを待ち針で合わせます。長さ違うので、当然こんな感じです。

 

そしてこのゴムを引っ張りながら縫い留めていきます。縫いやすいように、ゴムを布に合わせてググっと引っ張ってくださいね。引っ張りながら縫うとこんな感じになります。

 

ほら、引っ張ってるー! 引っ張らないと、こんなふうに縮んでしまって縫いにくい。というか、縫うことができません。ここは完成したらゴムで縮んでしまう部分なので、縫い目が少々ズレても気にしなくて平気です。ゴムの両端とも縫います。真ん中も縫って、3本でもいいですね。

 

あとは筒状に仕立てていくだけ

ゴムシャーしたら、続いて上の3~5の工程に移ります。まず、中表に合わせて縫います。手首側はゴム通し口となる部分が必要なので、端から1cmのところから1cm開けて縫ってくださいね。縫ってないところがゴムを入れる口になります。

そうしたら手首側、肘側とも両端とも1cm幅の三つ折りにして、端から2mmくらいのところをグルリと一周縫います。手首側の縫わずに開けておいたところからゴムを通して出来上がりです。

 

完成したアームカバーの着画がこちら

ということで、両手分作ったので、完成です。もっとラブリーにしたい場合は、肘側の端にレースを付けたりするときっととっても可愛くなると思います。あと、「使わない時にはぶら下げておくよ」という場合は、肘側を三つ折りにするときに、ぶら下げるためのヒモを挟み込んで縫うとか。いろいろ工夫できそうです。

 

 

ということで、着画です。はめてみました。冬場は手首辺りが暖かくなっていいかも。これでお料理も、冬場の水仕事も頑張れるってもんだ! こうやって自分で作ったものを使うと、テンションも上がりますね~。

 

コメント