下ぶくれバッグ → ちゃんとタックのラウンドトートバッグになった~♪

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。ご挨拶代わりにポチっと下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

 

今回はこの前のバッグの再チャレンジです。この前、中央にタックの入ったラウンドトートバッグを作ろうとしたら、いろいろミスが重なって下ぶくれの細いラウンドバッグになってしまったのでした。

いや、それなりにかわいいバッグにはなったのよ。でも、自分の思ってた形にならなかったのが不本意。なので、今回はそのリベンジをするのだー。

その下ぶくれバッグがこちらです。

下ぶくれのラウンドトートバッグになってしまった件
新作を作ろうと取り掛かったのだけど、型紙にする段階でボーッとしてたのか、いろんなミスが重なって、考えてたのと全然違う形のバッグになっちゃった。下ぶくれ気味のバッグ。それなりにかわいいけど、も一度考えてた形になるよう、リベンジ決定です。

型紙を作りながら、裁断も

まずは型紙の修正。前回のミスした部分2つを直します。

ミス1。幅を間違えて細くしすぎたのでした。基本の幅は18cmね。割り算は今回は間違えなかった(笑)。

ミス2。上部のタックのとこは狭くならないよう、タック分生地幅を広くとらなきゃいけない。3cm分広げることにしました。

これらを反映して、前の細くなっちゃってた型紙に手を入れました。んで、型紙はこんな感じ。

バッグ作りも同時並行で進めます。上の型紙で裁断してタックを縫い留めたら、今のとここんな形。

これ、タック部分を下まで閉じてるけれど、このタックを広げて、脇が垂直になるようなバッグにします。つまり、こういうこと。

あ、でもタック部分を広げて脇を垂直にすると、今度は上の入れ口部分が横向きの「く」の字になっちゃってる。そうか、タック分を開いてるから、それが上に持ち上がってくるのね。ここは余分だ。カット!

するとこうなりました。よし、これで進めよう。

型紙も生地に合わせて、上部を斜めにカットしました。ただね、型紙も独学だから、これが正しいのかがよく分からないんですよね。完成したバッグがちゃんとした形になってれば、まぁ正しい型紙だったということにしよう。

スポンサーリンク

タックって難しい

最近思うのだけど、タックって難しい。タック自体じゃなくて、タックがその周囲にどう影響するかを考えるのが難しいっていうのかな(何言ってるか、よく分からんよね)。

今回もタックを広げたら、上の入れ口が持ち上がって「く」の字になった。入れ口のとこに影響が出るとは、あんまり考えてなかった、、、

あとね、ポーチやバッグの底の方にタックをとった場合、そのタックの外側がブルドッグのほっぺたみたいになるから、気をつけなきゃいけない。

よく作ってるNick Ollie定番の「ころりんお散歩バッグ」ね。これ、底にタックを付けて、モノがたっぷり入るようにしています。こんな感じ。

このバッグを最初に作った時は、サイドにあまりカーブをつけてなかったんですよね。ちょっと画像が切れてて分かりにくいけど、この最初のころりんお散歩バッグはサイドがほぼ垂直になってて、底の辺だけカーブしてる。

するとタックをつけると、その外側が垂れ下がる。

これ、あまりにブルドッグのほっぺたになったもんだから、サイドをかなりカットしてシュッとさせた後の画像。それでもまだほっぺたが幾分垂れ下がってる。

このころりんお散歩バッグも、その後かなり型紙を改良したのでした。

って、話がずいぶん脇に逸れてしまったわ。タック入りラウンドトートバッグの製作に戻ります!

スポンサーリンク

からの、いきなり完成!

バッグ自体は、タックを作ったら、その後は表地に持ち手を仮留めし、表地と内布とそれぞれバッグの形にして、それを合体させれば完成です。フツーの作り方。

で、完成したのがこちらです。

今回はちゃんと目指していた形になりました。良かった~。なかなか勉強になったバッグ作りでした。

 

 

新しい挑戦。ミンネで作品紹介・販売を始めました。点数はまだまだ少し。これから増やしていきたいです。ぜひこちらからNon Billy Nick Ollieのギャラリーを覗いてみてくださいね。→ 現在新しい作品の出品は少しお休みしています。

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. タックの分、三センチ伸ばすんですね。真っすぐだと、上が細くなるんですね。
    それを防ぐ為に上の方を太くするんですね。
    こういうの考えるのが凄いですね…(*’ω’*)

    型紙を自力で考える事が凄いです。

    タックが周囲に与える影響は少なくありませんね。
    タックの分、縮まります。

    ブルドッグのほっぺたという言い回しユニークです。
    確かにタックの外側の膨らみがブルドッグのほっぺに言われてみれば似ているけれど・・・(´艸`*)

    鼠色に白に梅のような柄のモダン和風なプリント素敵ですね。
    それに合わせて布が紫がかったようなピンクで、
    いいアクセントですね。

    今度は、物が入りやしそうな実用性のあるバッグになりましたね。
    梅のような柄も鼠色ですが、今回のも鼠色。
    鼠色ってお洒落ですね。
    白やピンクや青との相性がいいです。

  2. おうな より:

    こんにちは♪
    改良を重ねて洗練された、タックのラウンドトートバッグ完成。。。(*^^)v
    素晴らしいですね。

  3. AKAZUKIN より:

    わー!こちらもかわいいですね!
    タックをつけて少しでも容量を増やして使いやすく・・
    作家さんの気持ちが、使う方に伝わってると思います。

タイトルとURLをコピーしました