コロリンバッグがなかなかコロリンにならない

布小物

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

この前からバッグを何点か続けて作っています。そしたら、何だか身体がバッグモードです。またバッグが作りたくなった。もうすぐ娘の卒園した幼稚園でフリマがあるから、本当ならそれに向けて少しずつ準備していかなくてはならないんだけど、、、 でも、いいのだ。作りたいものを楽しく作るのが好きだし。

 

コロリンとしたバッグを計画中

今までは割と平たいバッグが続いてたので、今度はコロリンとしたバッグが作りたくなりました。ちょっとそこまでのお出掛けで使えるようなもの。

今回は試作品として作る予定です。これでサイズ感とか使い勝手が良ければ、いろんな生地で作って、自分の定番バッグの一つにしたいなぁ、と夢はふくらんでおります。

 

オリジナルのバッグを作るときはね、まずはいろんな本やネットを参考にして、ベースになる形を考えます。サイズも参考にします。で、下手っぴぃな絵を描きます。その絵を元に、生地の大きさなどを決めて作っていく。

ということで、今回の下手っぴいな絵はこちら。まずは全体図です。割とオーソドックスなマチ付きのトートバッグといったところかな。

 

これを各パーツに分解して、サイズも書き入れてみます。いつものへっぽこ書きです。自分用のメモだからね、いいの。

 

試作品の生地は在庫から選びました

今回は試作なので、うちにある在庫の中から。表地には割としっかり目のピンクの生地を、裏用には何かを作った後に残ってた花柄の生地を使うことにしました。

 

各パーツの大きさはこんな感じです。1cmの縫い代込みです。

  • 本体: 縦57cm x 横22cm。表地、裏地それぞれ1枚ずつ。表地の裏側には接着芯を貼っておきます。
  • マチ: 縦17cm x 横22cm。表地、裏地それぞれ2枚ずつ。表地の裏側には接着芯。
  • 持ち手:縦22cm x 横8cm。表地のみ、2枚用意する。

 

スポンサーリンク

 

まずは持ち手から開始です

まずは持ち手を縫っていきます。真ん中で折って中心に印をつけ、この中心に向けて端を突き合わせた形で折ります。そしてそれをさらに半分に。

んー、文章で説明するのは難しいですねぇ。つまり、こういうこと。画像の上の方が、端を中心で突き合わせた状態です。これをさらに半分にして、端から2mmくらいのところを縫っていきます。

 

持ち手が2本でき上がりました。めんどくさがりの私は、また糸を切らずに縫っています。でもこれ、いいアイディアだと思ってるんだ。なんたって時短になるし、、、笑

 

持ち手を本体に取り付ける

続いては、持ち手を本体に付けていきます。本体の短い方に、中央から4.5cmずつ開けて縫い付けます。

 

今回は持ち手が短めなので、少し角度をつけて縫い付けました。が、うーん、ちょっと持ち手が短すぎる気がしないでもない。もう少し長い方が持ちやすいんじゃないかな。出来上がる前から、もう反省点が出てきてしまいました。

 

続いてマチを縫い付ける

今回のコロリンバッグの特長は、広めのマチ。このマチで立体感が出るかな、と思っています。そして、こういう大きめの四角いマチの場合は、縫う時の順序が重要です。

 

まずはマチの側面を本体に縫い付けます。この時、マチ側は印のところまでしか縫わないようにします。こんな感じ。

 

底の部分、アップにしてみると、こんなになっています。印のところまでしか縫っていません。縫い代まで行ってしまわないようにします。返し縫いをしっかりしておきます。

 

続いては、マチのもう片方の側面も同じように本体に縫い付けます。こちらも印のところまでで、縫い代まで縫わないようにします。

 

最後にマチと本体を合わせて、底になる部分を縫い合わせます。上の画像ではボコっとたるんでいるように見えますが、大丈夫。縫う前に、本体側の縫い目ギリギリまで切り込みを入れておきます。そして、エイヤ!とちょっとひっぱり気味にして、底部分を合わせると、うまくいく(はず、、、笑)。

このように切り込みを入れたりするので、印のところまでしか縫わなかったのでした。もう片方のマチも同様に縫い付けます。

 

あとは裏と縫い合わせるだけ

裏地も同じようにして本体にマチを縫い付けておきます。ただ、裏はひっくり返すための返し口を作っておいてね。

そうしたら、表地と裏とを中表に合わせます。完成後にバッグの中で裏地がダブつかないよう、裏地が心持ち短めになるように合わせます。

 

で、ぐるりと一周縫い合わせ、裏地の返し口からひっくり返すと、こんな感じに。ひっくり返した直後なので、シワシワなのはご容赦ください。

 

スポンサーリンク

 

イメージ通りに作るのは難しい

裏地を中に入れて、バッグの口部分をぐるりと一周押さえミシンし、返し口を閉じれば、、、ジャン! 完成です!

 

かわいい? まあね。ピンクだし、内側の花柄もアクセントになって、色合いは好きだなぁ。

でも、、、うーん、こうやってちょっと上から写真撮ると、悪くはないんだけど、、、横から写真撮ってみるとこんな感じ。

 

あれぇ~、なんだかあんまりかわいくない。定番バッグにしたいと思っていたけれど、できあがりがどうも自分のイメージしていたのと違います。も少しコロリンとかわいい形にしたかったのだけどなぁ。

改善したい点:

  • もう少しコロリンとさせたい → この形ではないものを再検討する!
  • もう少し本体の丈(高さ)を短くする
  • マチは四角くない方がいいかも
  • 持ち手が短すぎて使いにくい
  • 持ち手をもう少し太くしたい

 

それにあんまりオリジナリティがないよねぇ。Non Billy Nick Ollieとしての定番のバッグにするには、もっとオリジナリティが欲しいところだ。まだまだオリジナリティあふれる定番を作るには時間が掛かりそうです。

失敗作たちをどうするかは結構大きな問題かも
   仕事の合間にミシンをカタカタ踏んで、いろんなものをハンドメイドする日常です。でもね、いろんなものをハンドメイドしていくと、ハギレだけでなく、失敗作もたまってきちゃうんですよね。これをどうするかってのが結構大きな問題。 ...

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント