ちっちゃな子の夏の必需品! 汗取りパッドを作る

作り方

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

知り合いがね、もうすぐママになるんです。おめでとー! 赤ちゃんがやってくるね。初夏の頃の予定なんだって。なのでベビー用アイテムを作ってプレゼントしようと考えてるところです。

夏の必需品だと思う

うちの娘もそうだったけど、赤ちゃんや小さな子どもってとても汗かきなんですよね。夏は背中がすぐ汗でべちゃべちゃになっちゃう。でも何回も着替えさせるのも大変です。

なのでよく使ってたのが汗取りパッド。ガーゼやタオルでできていて、背中にはさんで汗を吸いとらせるものです。

端が少し長くなっているので、そこを洋服からセーラー襟のように外に出しておきます。で、汗で湿ってきたら、そこを引っ張ってさっと抜いて取り替える。ハンカチくらいの大きさだから、洋服より洗濯もラクチンだし、夏の必需品だと思います。何枚あってもいい。

今回はこの汗取りパッドを作ってプレゼントしようと思ってます。喜んでもらえるといいなぁ。

この前ガーゼハンカチも作ったので、それとお揃いにするとかわいいんじゃないかな、と思ってます。

子ども用には小さめガーゼハンカチがいいよね
子どもに小さめのガーゼハンカチが欲しいとのリクエストがありました。ガーゼをきれいに縫うために工夫していることもまとめています。
スポンサーリンク

こんな形にしよう

こんな形の汗取りパッドにしようと思います。オーソドックスな形です。そして、また今回もひどいへっぽこ絵です、、、絵はひどいけど、できあがりは多分かわいくなるはずさ。

絵の下手さは置いておいて、今回のポイントはポケットをつけたこと。下から10cmのところの横線がポケットのつもりです。

娘がまだちっちゃかった頃、タオルで手縫いで作った汗取りパッドにはポケットはつけてなかったのですが、そうすると背中に入れにくかった記憶がある。ポケットがあればそこに手を入れて、そのまま背中にパッドを突っ込むことができるのでラクチンです。子育てにラクチンは重要だからね。

ということで、このへっぽこな絵から作った型紙がこちら。絵より随分まともじゃんねぇ。

角の部分はすべて丸みを持たせることにしました。小さい方の丸みはミシン糸の糸巻き、下の大きめの丸みは昔100円ショップで買ったコップの底を使って円を描いてます。

ミシンでカーブを縫うのは苦手って場合は、上の型紙のカーブのところを全て直角にしても大丈夫です。その方がもっとサクサク進みますよ~♪ 下に書いてる生地の大きさも変えなくて大丈夫。

スポンサーリンク

作っていくよ

生地の準備と裁断♪

今回はなるべく簡単に作れる方法を考えました。初心者さんでも簡単に作ることができて、赤ちゃんのためにすぐに使えるものがいいな、と思って。

生地は2枚準備します。どちらもダブルガーゼがいいと思います。2つとも縦42cm x 横20cmの長方形で。

使う生地は柄に上下がないものを使ってね。じゃないと、今回の作り方だとポケットや襟の柄が逆転してしまいます。

私はこの前作ったガーゼハンカチと同じ、柄と無地のガーゼを用意しました。

ただね、水色の方は柄に上下がある。なので、ポケット下のところで生地を逆向きに接ぎ合わせることにしました。襟のとこはレースとかで飾る予定。

縫っていく

早速、生地を縫っていきます! まず生地を中表に合わせて、短い方の下を縫い代1cmで端から端まで縫います。

縫い代を割ってアイロン、さらに表に返してアイロンで軽く押さえ、縫い目を折って、端から5mmのところに押さえミシンします。ここがポケットの口になりますよん。

続いて、どちらかの生地の裏に、製図したのと同じ図をチャコペンで写します。図の上を生地の上端から1cmのところに合わせてね。そして中央を合わせてね。私は無地のガーゼに書きました。

因みに、この線はチャコペンではなく、消せるボールペン、フリクションで書きました。このペン、熱で消えるのね。なのでアイロンすればきれいに消えてくれる。最近愛用しています。

スポンサーリンク

ここまでくれば、あと少し

ポケットの口となる部分から10cmのところを、柄も無地も表から見て谷折りにします。中表になります。そして横から見てW字型になってる。

で、裏側を見ると、先ほど写したチャコペンの印が折った所からだいたい1cm上にあるはずです。こんな具合ね。

まち針で留めてから、この線の上を縫っていきます。横のポケットの上辺りに返し口を7cmほど取って、周囲をぐるっと一周縫う。

縫い終わったら、線から1cmのところで余分な生地を切ります。そしてカーブのきつい所の縫い代に切り込みを入れておきます。カーブをキレイに出すためね。糸を切らないように。

この写真もちゃんとカーブに切り込みを入れてるんだけど、よく見えませんねぇ。そして右上のところが返し口です。

あと一息♪

あとほんの少しで完成ですよー。返し口からひっくり返し、アイロンで整えます。

最後に周囲を縫い代5mmでぐるりとと押さえ縫い。押さえ縫いすると返し口が分からなくなるので、閉じなくても大丈夫です。これ、一周して戻ってきたとこ。

スポンサーリンク

できた!

ということで、ちびちゃん向けの汗取りパッドの完成です。表と裏。

んー、柄はかわいいけど、ちょっと殺風景。もう少しかわいくしたいなぁ。リボンを手縫いで付けてみました。

同時に進めていた水色の方、こちらにはお花のレースを付けました。

これを服の下に入れておいて、背中から柄の方を覗かせておきます。汗をかいたら、ここをひっぱるとスルッと取り出せます。

真夏のアチアチの時期には、ポケット部分に保冷剤を入れてもいいかも。その時にはお揃いのガーゼハンカチを使って保冷剤を包むのもいいかな♪

ということで、それぞれガーゼハンカチと一緒に撮影しました。

 

ピンクの方は、リボンの代わりにピンクのレースを付けたバージョンも作ってみました。ん、こっちもいいかも。

この汗取りパッド、トータルで3セット作りました。友だちへのプレゼント用以外をミンネに置こうと思います。どなたか気に入ってくださる方に巡り会えますように。

 

 

新しい挑戦。ミンネで作品紹介・販売を始めました。点数はまだまだ少し。これから増やしていきたいです。ぜひこちらからNon Billy Nick Ollieのギャラリーを覗いてみてくださいね。

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. ベビー用品をプレゼントするんですね!
    ベビー用品は可愛いので、作りがいがありますね。

    赤ちゃんは、汗かきですか…そういえば、あせもとかできやすいですね。
    何回も着替えさせるのは、大人より汗をかくからなんですね。
    新陳代謝がさかんですよね。

    汗取りパッドを赤ちゃんもよく使うわけですね。
    汗取りパッドというと、脇に使うイメージでした。
    洋服まるごと取り替えてばっかも大変なので、重宝しますね。

    ポケットをあせ取りパッドにつけて掴みやすくるって
    ナイスアイディアです。

    型紙の丸みはコップ等を利用してんですね。
    この丸みは直角に変えてもOKなんですね。
    たしかにカーブは縫いにくいです。

    なお、柄に上下ないもの選ぶ方が作業が楽そうですね。

    尚、布に印をつけるのにフリクションって使えるんですね。
    なにかいい事を聞いた気分です。

    このあせ取りパッドですが、服みたいに可愛いですね。
    汗取りパッドとして使うと、見えないけど、
    見えないオシャレもいいですね。
    最後にリボンもつけたんですね。

  2. まひる より:

    布地のデザインが可愛いですね。肌ざわりもとても良さそうです。
    記事の見出しがステキになりましたね。とてもスッキリ見やすいです!

タイトルとURLをコピーしました