酒好きクッションカバー

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。ご挨拶代わりにポチっと下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

 

コロナ禍でずーっと暇してた仕事が、なんとここんとこ久しぶりに忙しくなってきました。どんだけ振りなんだろ、ちゃんと仕事するのは、、、って感じです。仕事のやり方すっかり忘れてしまったよ。

でもね、仕事があってもハンドメイドはどんどんやりますよ! むしろ、こっちをお仕事にしたいくらいだもの。

で、クッションカバー作る

今回はクッションカバーを作ろうと思ってます。というのも、夫クンが自室で使ってるクッションがボロボロすぎるのよ。ボロボロだけど、見せちゃうかー。ボロだから極小サイズで。

ボロボロになってしまった理由のひとつは、私がクッションの中身を洗っちゃったこともある。なんか経年変化で汚くなってて、中身もカバーと一緒に洗濯機で洗ってしまった。

すっごい昔のクッションだから、中がポリエステル綿じゃなくて、パンヤが詰めてあったみたいでね。パンヤって洗濯機にかけちゃダメらしい。中の綿がもろもろになって所々で固まったようになってしまった。画像でも分かるように、クッションなのにゴツゴツしてる。

さらにクッションカバー自体も大昔のもの。昔流行ったよね、「renoma」って。昭和の頃、renomaってとてもカッコ良かった。真っ黒だったはずのこのカバーももとの色がよく分からないくらい色褪せてしまってます。

この前お友だちの結婚祝いに刺繍のクッションカバーを作ったのですが、その時2個セットのヌードクッションを買っておいたのでした。ひとつはこっちに使おうと思ってたの。

ウェディングプレゼント、間に合ったよ
結婚したお友だちへのお祝い、ギリギリになりながらも無事完成しました。カラフルなお花と葉っぱをたくさん刺繍したクッションカバーです。とっても喜んでもらえました。良かった~!

あとね、夫クンの穴空きズボンへパッチを当てた時に使ったお酒の生地。これがまだたくさんあるから、これをクッションカバーに使おうと思ってる。お酒大好き人間にはちょうど良いじゃんね。

またもやズボンのパッチ当て
また穴の空いてしまった夫クンのズボンにパッチを当てました。パッチのお仕事、つまりパッチワークね。お酒大好き人間なので、今回もお酒のパッチです。
スポンサーリンク

こうやって作りました!

用意したもの

以下を準備しました。裏地はつけないで作る予定。

  • お酒柄の生地: 縦50cm x 横47cm x 1枚、縦48cm x 横47cm x 1枚
  • ファスナー: 40cm
  • ヌードクッション: 45cm x 45cm

縫うよ~♪

クッションカバーのファスナーって、庇がついたようになっていて、ファスナーが隠れてるものが多いですよね。そうなるように縫いたいと思います。

庇付きファスナーの部分は、縫い方をちょっと細かく書いておこう。次回忘れないよう、自分のためにも。

まずは生地の上側をロック、そしてファスナーを付けていきます。

庇の下になる方は、生地とファスナーを中表に合わせてして縫います。ファスナーの務歯(ギザギザ)が端から2cmにくるようにしました。

庇の方は、端を2cm幅で折り、二重になったところにそのまま中表にファスナーを縫い付ける感じ。うまく説明できない、、、

画像でも分かるように、縫い代が長すぎた。あとから余分はカットしました。(上に書いた生地サイズはカットした後の大きさ。)

表に返して、上下の生地の端、重なるところを縫い合わせました。

あとは生地を中表に合わせて、脇と底の3辺をグルリと一周縫い、縫い代をロックしたらできあがり。

スポンサーリンク

酒好きクッションカバーの完成です

こんなのになりました。色合いがなかなか渋い。そして良く見るとお酒と酒屋さんの前掛けが並んでる。なかなか楽しいクッションカバーです。

ファスナー部分はこんな感じで、ちゃんと庇になりましたよ。

これにクッションの中身を入れてみると、、、

このヌードクッション、「パンパンに詰まってるってのが売り」と書いてあっただけあって、ほんとにパンパン。

新しいクッションとカバーになって、スッキリしました。良かった。

 

 

新しい挑戦。ミンネで作品紹介・販売を始めました。点数はまだまだ少し。これから増やしていきたいです。ぜひこちらからNon Billy Nick Ollieのギャラリーを覗いてみてくださいね。

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. クッションはボロくなってもカバーさえ変えれば
    新しくリュニューアルできますね。
    でも、今回は中身ごと新しくされるようですが・・・。

    なるほど、確かにクッションがボコボコゴツゴツですね。
    パンヤは洗濯機NGなんですね。
    現在はポリエステルなので洗っても大丈夫でしょうか…。
    昔の手芸本にはこれでもかというほど、
    クッションカバーが多いのも中身は洗えないので
    カバーで綺麗にしてたせいですね。

    この間のお酒と暖簾柄の生地が余っていたんですね。

    ヌードクッションをGETしてもいいけど、柄つきのも
    あまり値段は変わらない感じもする今日この頃。

    ファスナーは隠れているものだとオシャレですね。
    庇付きファスナー。難しそうですね。

    ファスナー部分、隠れてて洗練されてますね。

  2. まひる より:

    このお酒柄の布地、大好きです♪
    味があってオシャレですよね(*‘∀‘)

タイトルとURLをコピーしました