アイロン台カバーをどうにかしなければ!

布小物

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

久しぶりに仕事が忙しくなってきました。新型コロナウィルスの影響で仕事が激減し、お陰でミシン三昧してましたが、今後はしばらく仕事です。がんばるさ~。

なのでここんとこ大体週2回ペースでアップしてきたブログもちょっとゆっくりになりそうです。

さてさて、ハンドメイドをするようになって、昔よりアイロンを使う頻度がとっても増えました。やっぱりキレイな仕上がりを目指すならアイロンは必須ですよね。昔はアイロンするの嫌いだったのだけど、最近はよく使うようになりました。

そしたらこんなことに!

アイロンを使うということは、アイロン台も使うということ。するとね、アイロン台カバーがひどいことになってきてる。

見せるようなものではないのだけど、惨状をちょこっとだけ。悲惨なので小さい画像にしておくわ。

アイロン台カバーの生地が、熱と焦げと経年変化でボロボロになってきてしまいました。見えないことにして、ボロボロ部分を避けて使ってたけど、どんどんボロボロが広がっていく。下の芯が出てきちゃっています。もうこりゃダメだ~。この現実を直視しなければ。

スポンサーリンク

作ることにしました

このボロくなってしまったアイロン台カバー、しょうがないので作ることにしました。キレイな状態で気持ちよくアイロンしたいからね。

今のカバーをチェック!

まずは今のカバーを取り外してみます。オックスの生地のようです。周囲は幅広のバイアステープになっていて、そこに固いナイロン紐が通してあります。この紐はアイロン台の裏で金具で留めてあります。これも美しくないのでちっちゃい画像で。

オックス生地を裁断

このボロくなったアイロン台カバーを型紙にして、オックス生地を裁断しました。ピンクの無地。優しい色♪

そして周囲は、元のカバーと同じように、バイアステープをつけることにしました。バイアステープは手持ちの2cm幅のもの。紺に白ドットで、ピンクの本体生地ともよく合うかと。

アイロン台カバーだから、柄はない方が良いかな、と思いました。仮に柄があっても少なめの方がいいよね、きっと。その方がアイロンを掛けやすい気がする。

スポンサーリンク

周囲にバイアステープ

元のカバーに縫い付けてあったバイアステープはかなり幅広。それを半分にして縫い付けてあり、そこに紐が通してありました。

でも今回のバイアステープはそこまで幅が広くない。同じように半分にして縫い付けるときっと紐が通らない。なので、折らずにそのままの幅になるようにして縫い付けました。

ここに元の紐を通せば完成よ~♪ ぎゅっと引っぱって、、、んー、固いなぁ、、、

紐が固くて、元のように結べなかったけど、これで大丈夫なことにします。

完成しました!

ヤル気になったら、割とすぐにできました。こちらが完成品。

ほんとはもっとキレイなピンクの生地なんだけど、白っぽく撮れてしまった。そしてアイロン台カバーにすると何だか超オーソドックスね。端に見えてるドットのバイアステープがポイントってことで。

それにしても、こんなにすぐにできるんだったら、現実逃避せずにもっとサッサと作って、気持ちよくアイロン台を使うんだったなー、と反省しきりです。ヤル気になるってのが重要ね。

 

 

新しい挑戦。ミンネで作品紹介・販売を始めました。点数はまだまだ少し。これから増やしていきたいです。ぜひこちらからNon Billy Nick Ollieのギャラリーを覗いてみてくださいね。

 

 

ランキングに参加しています。記事が参考になりましたら、ぜひ下のバナーを押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

コメント

  1. 焼けて穴が開いてますね。
    度重なる高温でダメになってしまいましたね。

    古いアイロンカバーはオックス生地なんですね。
    でも、見ただけでよくオックス生地だと分かりますね。

    今度新しく作るアイロンカバーも古いのと同じオックス生地をチョイスされたんですね。
    オックス生地は長年アイロンで使えるので、丈夫な生地なんですね。

    今度、手芸で、オックス生地を買うつもりですが、
    丈夫そうだと分かり、安心です。
    参考になりました。

    アイロンカバーをやっと取り替えて
    自由にアイロンがかけられますね。

    これでもピンクなんですね。
    まるきり白に写ってますね。写真は淡い色は写らないものですね。
    画像の途中にうつっている布とバイアステープの写真の時
    布は確かにピンク色ですね。

タイトルとURLをコピーしました