リメイクシートをきれいに貼って、オシャレな撮影小物を作りたい!

作り方

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

最近、ハンドメイドしたものを写真に撮る時は、自作したボードを使ってます。このブログのヘッダー画像の中央部分にも使ってる、白いシャビーな感じのボードね。

実はこれ、ちゃんとした木製の板のように見えるけど、100円ショップで売っているリメイクシートを段ボールに貼っただけのなんちゃってボード。ペラペラです。

 

でも軽くて薄いから使い勝手がいい。さらに白いボードだから、ハンドメイド品も明るく、ちょっとかっこよく写る気がします。

ただ、今のはB5サイズくらいで小さいので、小物でも乗り切らないことがある。なので、もう少し大きいのを作ることにしました。

 

これがリメイクシート

ダイソーで購入しました。これが愛用しているリメイクシート。色合いが本物の板っぽいんですよね。

リメイクシート

 

ただ、問題点があります。それはこの折り目。ポコッとしていて、少々手で押さえてもダメなんですよね。

 

そういえば、今使っている板もどきも、よく見ると折り目がそのまま残っていて美しくない。見えるでしょうか、この線。画像にするとそれほどでもないけど、実物は線がはっきり出ていて美しくない。

 

当初はあまり何も考えずに貼ってしまったからなぁ。これが目立たなくなる方法はないのだろうか?

 

スポンサーリンク

 

熱を与えるといいらしい

ネット上をあれこれ調べてみたところ、アイロンかドライヤーで熱を少し与えるのがいい、とありました。但し、熱すぎるのはリメイクシートが縮んだり溶けたりする可能性があるらしいので、注意が必要とのことでした。

最近アイロンは作業スペースの隅にいつも出てるから、すぐできる! 今まで紙にアイロンをかけたことはないけど、ものは試し、やってみることにしました。

うちのアイロン。とっても古いものです。今はもうないSANYOのアイロンです。で、これを超低温に設定して、いざ!

 

あ、溶けちゃう? いえ、大丈夫です。この画像はブログ用に別に撮ったので、熱は来ていません(笑)

超低温にしても、このリメイクシートが少しピトっとくっつく感じがしたので、すぐアイロンを止めました。でもそうすると、まだ折り目が残ってるんですよね。筋がある。

 

これだと貼ったらまたボコっとしてしまいそうよね。えーい、溶けちゃったとしても108円だし、もう少しアイロンをかけてしまえ! もしかしたら、上手くいくかもしれないし。

と思って、超低温のままもう少ししっかりアイロンをしました。折り目のところだけではなく、全体的にかけました。そうすれば均一になるかなーと。するとこんな状態です。

 

少しフニフニはしていますが、少なくとも折り目はほぼ消えました。大丈夫そうです。

 

スポンサーリンク

 

慎重に貼っていきます

リメイクシートを貼る時は、裏のシートを一気に剥がしてしまわず、5cmくらいずつ剥がしてから貼っていくのがうまく行く方法なんだそう。そうすれば空気が入りにくいからね。

ここはゆっくり少しずつ。せっかちなので、膝の裏がムズムズしてきますが、でも落ち着いて少しずつやりましたよ。

 

リメイクシートの裏はこんな風にマス目が書いてある透明シートが貼ってある。これを少しずつ剥がしながら貼っていく訳です。このマス目のおかげで、リメイクシートを貼りたい大きさに切ることも簡単にできます。

で、私は大きめの工作用紙に貼りました。貼られる側にもマス目があるから、真っ直ぐ貼りやすかったですよ。

少しずつ貼ったら、表から指先で押さえながら進みます。あるいは、タオルなどを使って押さえてもいいそうです。

 

空気が入ってしまったら?

こんな感じで空気が入ってしまった場所もありました。

 

分かるでしょうか? 真ん中辺り、斜め右上に向かって細くポコッとなってます。画像の右半分は、まだ裏の透明シートがついていて、きちんと貼ってない部分です。

こうなってしまったら、まずはそこで一旦止まる。そして一回深呼吸。

で、指で端から押していけば、たいてい空気は抜けます。ほら、こんな風にきれいに抜けました。

 

どうしても空気が抜けない場合は、針で刺して抜いてしまうという荒手もあるそうです。

 

完成しました

ということで、新しいフェイクボード、完成しました。なかなかきれいに貼れたと自画自賛中です。あとはこのリメイクシートを貼った工作用紙の裏を補強する予定。

 

これでオシャレな撮影小物になったぜ。今後は写真の撮り方などももっと勉強したいと思っています。そしてこのブログを、オシャレ~なサイトにしたい!

 

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

 

コメント

  1. marimo より:

    Nickさんの白木、いいなあと思ってました^^
    まさかのリメイクシート!
    しかも我が家にある♪
    私も使わせてください^^

    こげ茶と真っ白バックしかないので、バリエーションが欲しい☆
    良い情報ありがとうございます~~~♪

    • Nick OllieNick Ollie より:

      marimoちゃん、いつもありがとー。

      ふふふ、まさかのリメイクシートでした。でもそれっぽく見えるでしょ。このリメイクシート、かなり使える!

  2. おぉ(^^♪絶妙なアイロンさばきですな(^^♪
    確かに木なのに折り目が入ってたら雰囲気が潰れてしまいますもんね(^^;

    ・・・でも、僕なら多分穴開けてしまうと思います・・・(T▽T)

    • Nick OllieNick Ollie より:

      えたばりゅさん、コメントありがとうございます。

      ふふふ、アイロンがけは実は好きじゃないのですよね。でもやってみると、ピンと伸びるのが気持ちいい。

  3. おーすげー。Σ( ̄□ ̄|||)

    このひと手間が大事なんですよね。僕も見習わないと。

    • Nick OllieNick Ollie より:

      ましゅーさん、コメントありがとうございます。

      ふふ、まさか紙にアイロンかけるとは思わないですよねー。私もそんなことするとは思ってなかった。でも、布と同じで、伸びてキレイになるんです。

  4. ビー玉 より:

    おお〜アイロンを使うんだ(≧∇≦)
    私は大理石の模様のリメイクシートを買ってて・・・貼らないとって思ってたので、ちょうど参考になりました〜(≧∇≦)ありがとーーー!!

    • Nick OllieNick Ollie より:

      ビー玉ちゃん、いつもありがとー。

      やってみてね。貼ったあとのキレイさが違う気がしたよ。ひと手間かかっちゃうけどね。

  5. LOCO より:

    すごい!リメイクシートだったんだ!!!
    めちゃ上手く貼れてるし、本物の木かと思った!!
    私も使いたい~見に行ってくるね^^♪

    いつも、温かいコメントありがとう!
    やっと気持ちに余裕がでそう?で、遊びにきました。
    ニックちゃんのブログ癒されるよ~感謝しています!!

    • Nick OllieNick Ollie より:

      Locoちゃん、コメントありがとう♪

      そうなのよ、まさかのリメイクシート。まさかの紙。そして、まさかの100円よ。

      落ち着いてきたみたいでほんと良かった。こちらも伺いまーす!

  6. 撮影するのにオシャレにする為の工夫あるのですね。
    ナチュラルな雰囲気の木に見えて・・・
    その実情は・・・
    ナンチャッテ!リメイクシートを段ボールに貼っただけでしたか・・・。

    写真は、部分的に切り出してあるので、分からないですね(^▽^)/

    ダイソーなんですね。
    実物はともかく写真だと分からないもんですね。

    しかし、折り跡が目立つのは困りますね。

    アイロン溶けない程度、気を使います。

    貼る時、空気が入りにくいコツとかありますね。
    しかし、すっかり、本物の木材と思ってました・・・。
    騙されてました。

    • Nick OllieNick Ollie より:

      ウラジーミルさん、コメントありがとうございます!

      ふふふ、騙してしまいましたか。てことは、作戦成功してるってことですね。白木の板に見せたかったんで。

      今いろいろ撮影について学んでるところなんです。オシャレに撮れればいいな、と思っています。