コロリンだけど、コロリンじゃない、、、

 

のんびり(Non Billy)にっこり(Nick Ollie)、日々楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。こちらをポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

 

暑い中でなかなか進まないコロリンバッグです。前回は持ち手を縫ったところで、すぐに休憩してしまったのでした。

コロリンバッグを作りたい
最近平ったいバッグを作ることが多かったので、もう少しコロリンとしたバッグを作りたくなりました。できればオリジナルの定番バッグにならないか、と考えながら製作中です。が、この夏は暑すぎる。暑くてあまり進みません。

 

いや、暑い中でもがんばるぞ! と、縫い進めています。

 

持ち手を付ける

まずは、前回作った持ち手を本体に付けます。本体の短い方、中央から4.5cmずつ開けて。今回は持ち手が短めなので、少し角度をつけて縫い付けました。

 

うーん、ちょっと持ち手が短すぎる気がしないでもない。

 

マチを付ける

今回のコロリンバッグの特長は、広めのマチ。このマチで立体感が出るかな、と思っています。そして、こういう大きめの四角いマチの場合は、縫う時の順序が重要なんだそうですよ。私もいろいろネットで調べて、知りました。

 

まずはマチの側面を本体に縫い付けます。この時、マチ側は印のところまでしか縫わないようにします。こんな感じ。

 

底の部分、アップにしてみると、こんなになっています。印のところまでしか縫っていません。縫い代まで行ってしまわないようにします。

 

そしたら、マチのもう片方の側面を本体に縫い付けます。こちらも印のところまで。

 

最後にマチと本体を合わせて、底になる部分を縫い合わせます。上の画像ではボコっとたるんでいるように見えますが、大丈夫。縫う前に、本体側の縫い目ギリギリまで切り込みを入れておきます。そして、エイヤ!とちょっとひっぱり気味にして、底部分を合わせると、うまくいく(はず、、、笑)。

 

もう片方のマチも同様に縫い付けます。ここまでくれば、もう少しだ!

 

あとは裏と合わせるだけ

裏も同じようにして本体にマチを縫い付けておきます。ただ、裏はひっくり返すための返し口を作っておいてね。

表地と裏とを中表に合わせます。完成後にバッグの中で裏地がダブつかないよう、裏が心持ち短めになるように合わせます。

 

で、ぐるりと一周縫い合わせ、返し口からひっくり返すと、こんな感じに。ひっくり返した直後なので、シワシワなのはご容赦ください。

 

完成はしたものの、、、

裏地を中に入れて、バッグの口部分をぐるりと一周押さえミシンし、返し口を閉じれば、、、

 

ジャン! 完成です!

 

うーん、こうやってちょっと上から写真撮ると、悪くはないんだけど、、、

 

横から写真撮ってみるとこんな感じ。

 

定番バッグにしたいと思っていたけれど、できあがりがどうも自分の想像していたのと違います。も少しコロリンとかわいい形にしたかったのだけどなぁ。

 

改善したい点:

■ もう少しコロリンとさせたい
■ もう少し本体の丈(高さ)を短くする
■ マチは四角くない方がいいかも
■ 持ち手が短すぎて使いにくい
■ 持ち手をもう少し太くしたい

 

それにあんまりオリジナリティがないよねぇ。Non Billy Nick Ollieとしての定番のバッグにするには、オリジナリティが欲しいところだ。まだまだオリジナリティあふれる定番を作るには時間が掛かりそうです。

 

 

ランキングに参加しています。お帰りの前に、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント