目からのウロコの縫い方で作る物差し入れ

 

夏休みも終わったし、忙しかった仕事も少し落ち着いてきました。ふふ、やっと自分の時間が持てるようになってきた! 時間ができると、フリマに向けてやる気が出てきた気がします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

さて今回作るものは物差し入れです。小学校低学年で必ず使うのが物差しです。なので、物差し入れはフリマでは人気があるグッズの一つです。

この物差し入れって細いので、前にブログに書いた普通の巾着のように縫うと、すごく縫いにくいんですよね。特に開きのところとヒモ通し口のところをミシンで縫うのは至難の技です。

 

一番オーソドックスな巾着の作り方
一番オーソドックスな普通の巾着の作り方です。初心者の方でも作りやすい方法をまとめてみました。文章は長いですが、作ってみると意外とすぐに完成します。ぜひやってみてくださいね。

 

でもね、実はこれ、カンタンに縫える方法があるんですよー。私も知らなかった。フリマに一緒に出るママ友から、彼女のお母さま直伝という縫い方を教えてもらいました。

 

用意するものと下準備

余り布とかで大丈夫です。細いので薄手の綿生地とかが良いと思いますよ。

■ 布: 縦約40cm x 横約12cm(縫い代込み)
■ ヒモ: 約20cmくらい

 

私が今回使ったのはこんな生地です。男の子でも女の子でも大丈夫そうな、ちょっと男前系の生地かな。

 

この布、まずは、長手の方を両端ともジグザグしておきます。短い方はジグザグはまだやらないで大丈夫です。

 

はい、いつも通り、糸は切らずにそのままジグザグしました。底になる部分は最後に2枚合わせてジグザグするので、まだそのまま何もしていません。勿論、先にグルリと3辺をジグザグしてもOKです。

 

開きの部分はまずは斜めに~♪

開きの部分を作っていきます。ここからが、私も初めてだったところです。ちょっとびっくりでした。でも合理的な縫い方だと思います。

まずはこんな感じに斜めに三つ折りします。横が2cm、縦が7cmのところに印を付けて、その線に沿って折ります。

 

そしてこの三つ折りした部分を縫います。端から端まで、少々のことは気にせずに縫ってしまいます。

 

反対側も同様に縫いましたが、折った部分が三角に覗いてしまいました。でもここは後から見えなくなってしまうので、こんなになっても大丈夫です。気になったら、この三角部分だけ切ってしまっても。

 

続いてヒモ通し口を縫ってしまいます

普通の巾着と工程が全然違いますね。普通はヒモ通し口は最後に縫うのだけど、この物差し入れでは、先に作ってしまいます。

 

こんな感じで、ヒモ通し口を三つ折りにして縫います。ほつれやすいので、最初と最後はしっかり返し縫いをしてくださいね~♪

 

回りを縫って、完成です!

ここまできたら、あとはあっという間です。縦に折って、中表に合わせて、横と底を縫います。そして最後に底の縫い代を2枚合わせてジグザグすれば完成です。

 

横の開きの部分は一番ほつれやすいので、端まで縫って、しっかり返し縫いしてくださいね。私は数回返し縫いしました。

 

横と底をこうやって縫ったら、あとはひっくり返して、ヒモを通したら、、、完成です♪

 

因みに開きの部分はこんな感じの斜めになっています。(物差しが邪魔なんですけど、、、)

 

これだと、細ーい巾着でも大丈夫。縫うところが狭くて苦労するってことがありません。大きな巾着でも、この縫い方だと早いかもしれませんね。

今回はちょっと目からウロコの縫い方だったな。新しいこと覚えられて、楽しかった。このやり方であといくつか物差し入れ、作ろう!

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント