やっとこさ完成しました♪

 

のんびり(Non Billy)にっこり(Nick Ollie)、日々楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。こちらをポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

 

久しぶりに挑戦中の夫用リュック。今回で3回目の記事になります。作り始めてほぼ3週間になります。ほんと亀の歩みで、なかなか完成しない。

前回まで2回にわたって、ポケットを作って本体に縫い付けたり、ファスナーをつけたマチを作ったりしてきました。

今回はとにかくパーツが多いんです
今回はとにかくパーツが多いんです。まずはいろんな形のポケットを作っています。マチ付き、ファスナー付き、ペンを入れる細いもの、大きなもの、いろんなポケットができました。何ができるでしょう?
遅々として進まず、、、亀の歩みだ
夫用のリュック、まだまだパーツ作りが続いています。遅々として進まず。しかもオリジナルで作ると、いろんなミスやハプニングが起こっています。付ける位置を間違えたり、長さが足りなかったり。ちゃんと完成するのだろうか?

 

だいたいパーツは揃ったかな。あとはこれらのパーツを組み上げていく作業がメインイベントになります。

 

本体とマチを縫い合わせる

まずは、本体にマチ部分を縫い付けていきます。最初に本体表地の前側とマチ。これを中表に合わせて、、、

 

ひっくり返すとこんな感じでくっつきました。前のポケット、上になりすぎたかと思ったけど、どうやら大丈夫そうです。良かった。

 

このポケットには、アメリカンホックを付けようかと思っていたのですが、方針変更。マグネットホックにしました。というのも、マグネットの方が、何にも考えずにパチッと留められるから、楽チンじゃないかな、と思って。

 

このマグネットホックは縫い付けるタイプ。100円ショップにも売っています。普通のスナップとかと縫い付け方は同じです。

アメリカンホックの付け方 ~自己流ですが~
アメリカンホックを付けると何だかちょっと高級な感じになるので、最近よく使っています。意外と付けるのは簡単です。超自己流ですが、アメリカンホックの付け方を書いています。

 

そして表地の背中側、背負う部分はこんな感じ。

 

肩ベルトは昔使っていた市販のリュックの流用です。というのも、ちゃんと厚めのクッションが入っているから。自分で作ると、なかなかうまくクッション入れられないからね。あと細かな作業が多くて大変、というのもある。

 

やっぱり恒例の、、、

本体とマチを縫い合わせる作業は全部で4回あります。

・本体表地の前側とマチ(←これは上で完了)
・本体表地の背中側とマチ
・本体裏地の前側とマチ
・本体裏地の背中側とマチ

順調に縫えています。今回は恒例のほどく作業が殆どない。ほどいて付け替えたのは、肩ベルト部分につけた持つためのヒモのみ。

 

と思ったら、最後の本体裏地の背中側とマチを縫うところ。

 

あー。これ、どうやったって、マチ側の生地が足りない。どう引っ張っても届かない。

 

 

と思ったら、反対側は生地が余ってる、、、

違う印のところを合わせてしまったのが原因でした。しかもちゃんと確認せずに、ジャカジャカぬってしまった。

やっぱり毎回どこかほどくね、、、

 

と、いろいろありましたが、やっとこさひっくり返して、

 

できた!

完成です!

 

こちらが前から。続いて、後ろ側はこんなの。

 

中にモノを入れて、立たせて撮影してみました。その方が感じが分かるかな、と思って。

 

 

 

写真が多くてすみません。頑張って作ったものだから、写真を載せたくてしょうがない(笑)

 

でも反省点があります

うまくできたように見えるでしょ。でもね、、、反省点があります。

 

それはね
デカ過ぎるってこと。

 

いや、もともと仕事で時々ものすごい量のエレクトロニクス機器を持っていったりしなきゃいけないから、夫からのリクエストは大きめのリュックってことだったんですけどね。でもそれにしてもデカ過ぎると思う。

 

中にモノを入れて撮影したのですが、大きめのタオルケットが1枚、まるまるすっぽり入っています。

 

 

いや、これだけじゃない。その下にさらにタオルケット2枚目。

 

大きなタオルケット2枚を入れても、まだまだ余裕があります。ちょっとデカ過ぎだわ。あ、そしてタオルケットをもう少しきれいに畳んで入れれば良かった。

ま、取り敢えず、使えるものが完成したから、良しということにします。

 

 

ランキングに参加しています。お帰りの前に、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント