シンプルで大人っぽくなったんじゃないかな

 

ピアスを作るようになって以来、それまでは針とか裁ち鋏とかがメインだった道具たちが、徐々に変化してる感じがします。ペンチとかちょっと男っぽい?道具が増えてる。そしてこういう道具を使って、またピアスを作りました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

今回使ったパーツは?

今回はこんなパーツを使って作ります。真ん中のはしずく型フープピアスパーツというらしい。あとはちょっと大人っぽい色のビーズ、丸カン、耳にぶら下げるためのパーツ。片耳でパーツは4つだけ。シンプルです。

 

フープパーツの真ん中を、、、

このビーズをフープパーツに通して、とってもシンプルなピアスを作ろうと思ってました。ところが、このビーズがフープパーツの真ん中まで通らない。穴の大きさよりカーブがきついのかな。ここから先に進まない。つっかえちゃいました。

 

んー、どうすればいい?
やっぱりしずくの真ん中にビーズが来るようにしたい、、、
こんなヘンな位置にビーズがあってもおかしいでしょ、、、

 

ということで、ペンチでぶったぎることにしました。こんな金属をペンチで切るなんて初めてのことです。女子はこういう事はあんまりやったことがないのよ。でも、意外と簡単に切れました。

 

ピアスのパーツなので、細くて簡単に切断できるんですね。この真ん中にビーズをはめて、接着剤で留めます。留めないとビーズがポロリと落ちてはいけないからね。うん、なかなかシンプルでいい感じです。こういうシンプルなピアスって重宝すると思う。

 

バリを取り除きたい

ただちょっとビーズの端、穴の辺にバリ(トゲみたいな突起)があるのが気になります。特に画像の左側のビーズ、トゲトゲしているのがよく見えますよね。このバリって取り方がわからない。取り敢えず、カッターの先で軽く押さえてみたら、うまく引っ込みました。

 

ググってみると、バリの取り方っていろいろ出てました。それによると、、、

  • バリのせいでビーズの穴が塞がったりしてる場合は、爪楊枝などで塞がれている部分をそっと開ける
  • 突起になっているバリは、ニッパーなどでカットする。突起をむりやり引っ張ると、塗料が剥がれてきたりしてしまいます

 

ということで、バリも取れたので、あとは丸カンでしずくフープとフックピアス(耳に引っ掛ける部分)をつなげば完成です。シンプルなだけに、作業も早く進みますね。せっかちな私としては、こういうサクサク進むのは結構好きかも。

 

完成しました~♪

ふふふ。完成しました。撮影タイムです。まずは、恒例になりつつある、ピアスのグラス掛け~♪

 

 

シンプルで大人っぽいピアスになったんじゃないかな。使い勝手が良さそうです。いいんじゃないのぉ。自画自賛中です。これつけて、どこかに遊びに行きたいな。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント