一番オーソドックスな巾着の作り方

 

今日はオーソドックスな巾着です。初心者の方向けに(という私もまだまだ初心者ですが)、「こんなのが作りやすいのでは?」という作り方を書いてみようと思います。というのも、ママ友さんに最近巾着の作り方を聞かれたんですよね。娘の学校でも巾着って必要だしね。ちょっと今回の記事は文章量が多いのですが、実際に作ってみるとそんなに大変じゃないですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

まずは完成イメージ

最初に完成イメージ画像を。完成するとこういうほんとに普通のベーシックな巾着になります。これができれば、あとは途中で切り替えをつけてみたり、レースをつけてみたりとアレンジもききますね。

 

大きさはだいたい 縦23cm x 横21cm です。この大きさで作るためのサイズは下に書きます。が、欲しいサイズに合わせて、布は調整して裁断してくださいねー。

 

準備するものと布の下準備

■ 布:
柄に上下がないもの。縦50cm x 横23cm(縫い代込み)

■ ヒモ:
適宜。55cmくらいあれば大丈夫だと思います。

 

布の大きさは、中表に折って、だいたいこんな感じです。縦は25cmです。下の半分に折ったところが巾着の底になります。そして上の入れ口に当たる部分は、両方とも三つ折にします。まず0.5cm巾、その後1.5cm巾で折ります。0.5cmだと縫いにくければ、1cm巾にしてもいいですね。その場合は布の縦の長さを調節してくださいね。

 

横は23cmです。左右それぞれ1cmの縫い代込みです。なので、出来上がり幅は21cmになります。21cmってちょっと中途半端だけど、たまたまうちの娘の学校の指定サイズだったので、これで作っています。

 

ここでポイントがひとつ! ちょっと面倒だけど、折る部分はきちんとアイロンをかけておくといいですよ。そうすると、縫う時にズレたりしなくて楽だし、出来上がりもキレイになります。

 

まずは縦を片方縫っていきます

縫い方はいろいろありますが、今回は私のような初心者の方向けなので、簡単で分かりやすい方法で。私もこのやり方で作ることが多いです。

 

まずは縦(長い方)を片方、入れ口の折り目のすぐ下から反対の端の折り目のすぐ下まで、布端をジグザグします。ほつれてこないようにするためです。そしても中表にして半分に折ります。私の場合は、今回、布の耳部分を利用したので、ジグザグはなし。ほつれないからね。

続いては、そのジグザグした側、端から1cmのところを縫います。上はヒモを通す口になるので、三つ折りにしたところから5cmほどは縫わずに開けておきます。縫い始めと縫い終わりは、糸がほどけてこないようにしっかり返し縫いを忘れないでね。こんな感じになります。

 

ヒモ通し口を作ります

先ほど縫わないで5cm開けておいた部分がヒモ通し口になるので、次はそこを縫っていきます。

まずはさっき縫った縫い代のところを割ります。縫わずに開けておいた部分も延長線上を同じように折ります。上部の三つ折りはひとつめだけ折ったままにしておきます。すると下の写真のようになります。(工程を文章で説明するのは難しいですね、、、)

 

そしたら表にひっくり返して、この折ったところを端から0.7cmの巾で縫っていきます。まずは左側から。0.7cmでなくても0.5cmとかでも大丈夫だと思います。ただ1cmにしちゃうと、縫い代が1cmなので縫い目が落ちてしまう可能性があるから、1cm以内で縫ってくださいね。

 

うちのこの古ーいミシン君。このミシン君は、押さえ金の透明な部分の端っこがちょうど0.7cmなので、この線を目安に縫っていきます。最近のミシンは端から何cmか自動で分かるようになってたりするみたいですよねー。いいな、新しいミシン。

さて、上から5cmのところ(脇を縫った上のところ)まできたら方向を変えて横向きにします。ここは開け閉めでほつれてきやすいので、特に布の合わせ目部分は何度か往復させて、強度をあげておきます。

 

そして反対側をまた0.7cmの幅で縫って戻ってきます。ゆっくり縫っていくと真っすぐ縫えます。あと、真っすぐ縫うには針を見ないで、印となる部分を見るようにするといいですよ。

 

ヒモ通し口はこんな感じになっていればOKです。最初と最後は返し縫を忘れないようにしてくださいね。出し入れする部分なので、返し縫をしていないとすぐにほつれてきちゃうから。

 

今度は反対側の縦を縫います

布をまた中表に戻して、今度はもう片方の縦を縫っていきます。端から端まで、どこも開けずに、1cm巾で縫います。うちのミシン君は、押さえ金の一番右がちょうど1cmなので、そこを布端と合わせて縫うようにしています。

 

端まで行ったら、2枚重ねて縫い代のところをジグザグします。めんどくさがりの私は、糸は切らずに、布をひっくり返してそのままジグザグ。勿論、ちゃんと糸切っていいんですよ。

 

ふふ、糸つながったままだし、、、因みにジグザグが途中からなのは、三つ折りして隠れてしまう部分を縫ってないからです。

 

あと一息です

次はヒモを通す部分を作っていきます。もうすぐ完成だから、がんばろー! これは三つ折にしたところをぐるっと縫っていきます。きちんとアイロンをかけておけば、待ち針がなくてもスムーズに縫えます。でも待ち針しておいた方がもっときれいに縫えます。

 

うちのミシン君の押さえ金、左の細い部分の真ん中が針から0.2cmくらい。なので、ここを目安にして縫っていきます。さっきも書いたけれど、縫うときは針は見ずに、こういう目安になる部分を見ながら縫うと、割とまっすぐキレイに縫えます。ミシンの目が布端からズレて落ちてしまわないよう、ゆっくり縫っていきます。ちょっと緊張~!

 

ほい、大丈夫でした。キレイに縫えた。

因みに、紐通し口の縫い始めと縫い終わり部分は、生地が何枚か重なっていて縫いにくいです。目打ちとかリッパーの端とかで、ちょっと押しながら縫うと、縫いやすくなりますよー。

よし、ほぼ完成です。ヒモを通していきます。ヒモを通す時には100円ショップでも売っているヒモ通しを使っています。いろんな便利グッズが揃っているのでいいですよね。

 

ヒモ通し口を横から見るとこんな感じ。これね、最初の紐通し口を縫うときに、三つ折のひとつめを折ったままにしましたよね。そのやり方でやると、縫い代部分があまり見えないので、きれいな仕上がりなります。

 

完成です!

ということで、また(笑)、完成写真です。この布でお揃いのランチョンマットも作りました。で、一緒にパチリと写真を撮りました。

 

実はこの巾着、小学校で給食の時に使う大判のランチョンマットとのセットなんです。つまり、給食袋。うちの娘の小学校や近隣の小学校で使うサイズのもの。学校によっては、その他にお箸やマスク、歯磨きを入れたりします。そして今回は頑張って、同じセットを全部で5つ作りました。全部お揃いのランチョンマットが入っています。

 

また今年の秋にフリーマーケットに出る予定なので、時間があるときにこういうのボチボチ作っていこうと思っています。ということで、今回は長々と書きました。お付き合いくださって、ありがとうございます♪

 

https://nonbilly-nickollie.work/2017/12/small-goods/attend-flea-market/

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント