冬場のキッチンに必須のアームカバーの作り方(超ラフな型紙あります)

 

のんびり(Non Billy)にっこり(Nick Ollie)、日々楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。こちらをポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

 

秋から冬、春まで、キッチンでご飯を作るときに必須なのが、アームカバーですよね。水仕事をするとき、長袖だとどうしても濡れてしまうから、アームカバーが必要。

この冬ずっと使ってきたアームカバーがボロボロになってしまったので、新たに作ることにしました。

 

準備するものは、、、

今回準備するものは、布地とゴム、以上です。

まずはラフな型紙。いやぁ、いつも手書き、しかも殴り書きのような型紙です。写真ボケてるし。いつか、も少し美しいものをアップします(多分、、、)

 

因みに、上のラフ型紙の数字のうち、丸で囲んでいるのは縫い代です。

用意した布とゴムのサイズはこんな感じ。

■ 生地: 横 37cm x 縦 30cmを2枚(縫い代を含む)
■ ゴム: 袖口側 18cm、肘側 25cmをそれぞれ2本ずつ。太さは8コールのものにしました。

 

使った布はこんな感じのものです。

 

以前たまたま100円ショップで買っていたポリエステル100%の布です。アームカバーには、コットンよりも、水をはじきやすいポリエステルやナイロン系の布がいいですねー。

それにしてもまた花柄、、、笑。私の持ってる生地はほとんどが花柄かチェック。たまーに無地。好みが分かりやすい。

 

縫い方・手順は、、、

私なりの縫い方の手順です。こんな感じで作っていきました。

1. 横をジグザグミシンで処理
2. 手首側から18cm(縫い代含まず)のところにゴムをつける
3. 横を中表に合わせて縫う。手首側はゴムの入れ口は開けておく
4. 両端をそれぞれ三つ折りにして縫う
5. ゴムを通して完成!

これをもうひとつ作ります。両手だからね。

 

ゴムのシャーリング部分は、、、

肘近くのゴムのシャーリングの部分。これが縫うのが楽しいんです。

まずは生地(裏側)、ゴムともそれぞれ4分の1のところに印をつけて、それをまち針で合わせます。長さ違うので、当然こんな感じです。

 

そしてこのゴムを引っ張りながら縫い留めていきます。引っ張りながら縫うとこんな感じになります。

 

ほら、引っ張ってるー!

引っ張らないと、こんなふうに縮んでいて縫いにくい。縫えない。

 

ゴムの両端とも縫います。真ん中も縫って、3本でもいいですね。

ゴムシャーしたら、上の3~5の工程に移ります。中表に合わせて縫い、両端とも三つ折りにし、手首側はゴムを通して出来上がりです。

 

完成しました~!

ということで、両手分作ったので、完成です。

 

もっとラブリーにしたい場合は、レースを付けたりすると良いですね。

あと、使わない時にはぶら下げておくよ、という場合は、肘側を三つ折りにするときに、紐を挟み込んで縫うとか。いろいろ工夫できそうです。

 

ということで、着画です。

 

これでお料理も頑張れるってもんだ!

 

 

ランキングに参加しています。お帰りの前に、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント