お財布は厚みを如何に減らすかが最大の課題

 

のんびり(Non Billy)、にっこり(Nick Ollie)、日々楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。こちらをポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

 

今娘からお財布を作って欲しいとリクエストがありました。

今までがま口タイプのお財布だったのですが、これだとお札を折り畳まなくてはならないし、小銭とお札が一緒になって使いにくいのだそう。小学生も高学年になってくるとお札が増えてくるようです(笑)。

ということで、リクエストは二つ折りタイプで、お札と小銭入れが別になっているもの。カード入れも欲しいとのことでした。

 

まずは設計図を描いてみます

新しく何か作るときは、下手っぴいながらいつもイラストを描いてみます。イラストというより、設計図かな。

今回も娘のリクエストを聞きながら、ザックリとした絵を描きました。ひどい絵ですが、公開します!

 

イメージ図を描きながら、必要な大きさも書き込んでいきます。これは物差し持って、あれやこれや測りながら。

例えばカードの大きさはだいたい5.4cm x 8.6cm。これに合わせてカードポケットの大きさを決めます。

小銭入れはマチを付けて、入れやすいように。ファスナーが使いやすいか、、、でも小さいからファスナー付けにくいかも。

娘は左利きなので、それに合わせて、ファスナーの向きや、お財布の開ける向きも考えます。

あとは生地はどんなのにするか、柄や色のイメージも簡単に書き込んでいます。持っている生地をチェックしながらの作業です。

 

今回はこんな生地で作ります

今回はこんな生地にしました。

 

紺に白のドットはお財布の外側。これは厚手のオックスかな、帆布まではいかないけれど、結構しっかりした布です。

黄色は内側に使います。黄色いお財布はお金が貯まるっていうし(笑)。

小花柄の布は内側のガードポケットや小銭入れにしようかな。

 

いかに薄くするか考えてます

お財布作りで大変なのは、細かい部品がたくさんあって、それがどんどん重なってくること。うちのフツーの家庭用ミシンでは、厚みを工夫しないと、最後には縫えなくなってしまいそうです。

 

裁断した生地には、しっかりさせるために、まずは接着芯を貼るのですが、これも縫い代部分には貼らない方が良いらしい。なるほど~!

こんな感じで貼ってみました。白いのが接着芯、周りに縫い代を残して貼りました。

 

いろいろ書き込んでいるのは目を瞑ってください。本当はこんなに濃く書き込まない方がいいよね。薄手の生地だと表に透けてしまいます。

 

こういう布財布では、最後にバイアス生地でぐるりと周囲を囲んで縫うのがよくある方法です。でも私は細いバイアス生地を縫うのは苦手だし、できれば使いたくない。

ということは、最後にひっくり返すタイプになる。さらに布の厚みを考えなければなりません。

 

やっぱり難しい、、、

さぁ、縫っていきます。まずはカードポケット。ここは3枚カードが入るように。

 

で、早速失敗です。まあまあきれいに縫えているようには見えるけれど、横から見てみると、、、

 

どう見てもこれだと厚みがありすぎでしょ。最終的にはここにあと3枚の生地を重ねなくてはならない。これじゃぁ縫えなくなる。

くじけました。今日はここで終了です。またがんばろう。

 

 

ランキングに参加しています。お帰りの前に、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント