娘のドレス、間に合って完成です!

 

のんびり(Non Billy)、にっこり(Nick Ollie)、日々楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。こちらをポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

 

前回ご紹介した娘のドレス。

 

これね、どうにかこうにか、結婚披露パーティーに間に合って完成しました。良かった、良かった。

ということで、今回はこのドレスを紹介させてくださいね。

 

部品を縫い合わせていきます

前回はいろいろ裁断して部品作ったよ、というところまででした。今回はこれを組み合わせて縫っていきます。

 

まずは上の身頃です。表地も裏地も肩をそれぞれ縫い合わせました。

それから右の後身頃にボタン紐を付けます。うーん、やっぱりちょっとボタンの紐が太かったな。

 

気にせず進めます。いや、ちょっと気になるけど、、、でも何たって時間があまりない。

 

続いて、上身頃の表地と裏地の合わせます。脇は開けておいて、袖口と襟口をぐるっと縫います。そして表に返します。細い肩の部分からひっくり返すので、ちょっと大変。

 

裏地の袖口と襟口に押さえミシンをかけます。表地の縫い代部分と縫い合わせます。こうやることで、裏地が隙間から見えたりしにくくなるんだそう。でも間違って表地を縫わないように、、、

んー、もう少しギリギリの際を縫えば良かった、、、反省ばかりです。

 

このやり方、1着めのドレス(みつばちのドレスね)の時には知らなくて、表からガーッと縫ってました。ネットでいろいろ調べて、2着めのピンクのドレスからはやるようになりました。

 

 

このドレスは、上身頃だけボタンで留める形にしました。なので、スカート部分は表地も裏地も脇を縫って筒状にし、これを中表にして、間に上身頃を挟んでぐるっと縫う。

うーん、文字で伝えるのは難しいですね。こんな感じです。

 

手前のピンクが表地のスカート、真ん中に上身頃が挟まっていて、向こう側の白いのが裏地のスカートです。これでぐるりと縫いました。

ただね、この形だと、実は着にくいってことが後から分かりました。下からだとヒップのところがキツイので、上から被らないと着にくかった。これも新発見だなー。

 

そして一番大変だったのが、表の裾。ぐるりで約2メートルある裾を全部まつり縫いです。手縫いはしんどい、肩が凝る。

 

この画像、ピンクの生地の方は手でまつり縫いしているの、分かるかなぁ。ほんと肩凝りました。裏地の裾はミシンだったので簡単でした。

 

完成したのがこちらです

ということで、、、

パンパカパーン♪
ドレスの完成です♪
お披露目~♪

 

前から見るととてもシンプルです。

 

もう1枚! ちょっと画像がボケ気味で残念。。。

 

後はボタンで留める形です。そしてリボンも付いています。リボンはもう少し長い方が良かったかな。

 

太いと思ったボタンの紐もそれほどでもないですね。

 

もうひとつ作ったもの

もうひとつ、一緒に作ったものが実はありました。ケープっていうのかな? 真冬の結婚披露パーティーなので、袖なしドレスだけだと寒いかな、と思って。

 

これは、例のドーナツになってしまって放置している私のポンチョの余り布で作りました。

 

もう生地がギリギリ(汗)。ほんとはいくつかの三角形の生地をはぎ合せて作るのですが、生地が足りないので自己流。。。

 

ということで、着画です。

 

ぴったりサイズで完成しました。最近、試着とかあんまりしてくれないので、サイズ感が分からなかったのですが、大丈夫でした。

そして結婚披露パーティー。九州まで行ってきました。とってもほのぼのした気持ちの良いパーティーでした。幸せをお裾分けしてもらえて、嬉しかった♪

 

 

ランキングに参加しています。お帰りの前に、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント