娘の新しいドレスを作り始めました

 

のんびり(Non Billy)、にっこり(Nick Ollie)、日々楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。こちらをポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

 

前回の記事でも少し触れたように、親戚の結婚披露パーティー用に作っている娘のドレスをご紹介します。

 

今まだドタバタ製作中ですが、途中経過を、ってことで。しかし親戚の結婚披露パーティーまであと3週間ほどしかない。果たして間に合うのか、一抹の不安を抱えながら作っています。

 

今回もタフタ生地です

用意したのはサーモンピンクのタフタ生地です。近所の生地屋さんには売っていなくて、ネットで購入しました。

ネットで買うのは、何でもちょっとドキドキしますね。特にこういう生地とか洋服とかは。テロテロの薄ーいものが届くんじゃないか、とか。

でも今回のは、安売りしていたけれど、しっかりした生地でした。ちょっとほっとした。届いたのはこんな生地。

 

実際の色はもうほんの少しオレンジの入った、いわゆるサーモンピンクです。サラサラした肌触り。

 

まずは裁断、そして細かい部品

今回のドレスは、前に作ったピンクのドレスをちょっとアレンジして作ることにしました。

型紙の上半身を縦横とも少しずつ大きくします。そして下のスカート部分はギャザーじゃなく、今回はちょっとお姉さんっぽいタックに。

 

型紙に合わせて裁断です。これが一番ドキドキする、、、 違うところを切っちゃったらおしまいだし。

何度かやっちゃったことがあるんですよね。前身頃が両方とも同じ向きになっちゃったってこと。

通常は中表に生地を畳んで、その上に型紙を置いて裁断するので、そんなことは起こらないんですよね 。でも生地が足りない時は、まるでジグソーパズルみたいに型紙をあっち置いたりこっち置いたり。

やったー、生地足りた~♪

と思って裁断してみると、前身頃の右が2枚とかね。

 

本当は生地の目には流れがあるので、余裕をもって用意するのが正しいのだそうです。

そして型紙を上下逆にしたりせず、置く。そうしないと、生地の目の流れが逆になって、片方の身頃だけピカピカ光ったりしてしまう。

 

とは言え、ついつい生地がもったいなくて、ジグソーパズルしてしまいます。

あ、でも今回はドレスだし、ちゃんと余裕をもって生地を用意しました。型紙もちゃんと置いて裁断しました。

 

って、前置きが長くなりました。

部品たちです。まずは上半身の身頃を裁断。なんだか色が違うなあ。もう少し濃いサーモンピンク。なかなか同じ色は出ませんね。

 

スカートはこんな感じでたっぷりのタックをとりました。ちょっと太めのタックです。

 

そして、細かいけどやるのが好きなボタン紐。またクニュクニュひっくり返しました。ちょっと太めになってしまった、、、

 

裏地も同じように用意しました。さぁ、縫っていきます。

ということで、今回はここまでです。次回は完成できるかな? でもドレスだからね、慎重に縫わないと。

 

 

ランキングに参加しています。お帰りの前に、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント