アメリカンホックの付け方 ~自己流です

 

のんびり(Non Billy)にっこり(Nick Ollie)、日々楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。

ランキングに参加しています。こちらをポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

 

 

この前作ったルームシューズ。

ナチュラル系ルームシューズ、作ってみました♪
ナチュラル系のルームシューズを作ってみました。秋はこんなの履きたかったんだ。実はルームシューズって、意外と簡単に作れてしまうんですよ。

 

ストラップにアメリカンホックというのを付けました。最近好きでよく使っています。前回のルームシューズだけでなく、他にも自作のバッグなどに付けたりしています。

そしたらね、うちに遊びに来たママ友が、そのバッグに付けていたアメリカンホックを見て「これってどうやって付けるの?」と。彼女もハンドメイド大好きなママなんです。

 

なので、今回はアメリカンホックの付け方について書いてみようと思います。実はルームシューズを作った時に、これで記事を書けるかも、と写真を撮っていました。グッドタイミングです。ただし、付け方は素人の自己流です。ご参考になれば。

 

これがアメリカンホックです

まずは先日作ったルームシューズに付けたアメリカンホックのアップ写真です。

 

ジャンパーみたいな服によく付いてる、パッチンと留めるホックです。裏側はこんな感じになっています。

 

このアメリカンホックは、4つの部品からできています。この4つでワンセットです。

 

上の写真で見ると、左側2個、右側2個がそれぞれペアになっています。それぞれのペアの部品で布を挟む感じです。

 

こうやって取り付けます

ではこのアメリカンホック、取り付けていきましょう。

まずは上の写真の左側のペアから。これが上側って言えばいいかな。見える側って言うのかな。

まずは印を付けた場所に、ボタンみたいな方のパーツを置きます。

 

これ、外じゃないの? と思った方、正解です(笑)。玄関先の腰壁になっているところで作業しています。その理由は後ほど。

 

位置を決めたら、グイグイ押してください。そうすると、反対側に尖ったツメが出てきます。

 

見えるでしょうか? ポチっとツメが5ヵ所見えています。このツメに合わせるようにして、ペアの残りの部品を合わせます。

 

次に付属の打ち具をこのパーツの上に置いて金槌で5回ほどトントンたたきます。

 

これだけです。スナップを糸で付けるよりずっと早いし、できあがりもちょっとランクが上がる気がするので、よく使っています。

 

あ、そうそう。外でやっている理由は、下が硬いところでやらないとうまく付かないから。硬いコンクリートなどの上でやらないと、上下がうまくはまらないので、ご注意くださいね。

ほんとは、手芸用の固いゴム製の台が売っているので、それが欲しい、、、

 

そして反対側も、、、

反対側のペアも同じ要領でやっていきます。まずは尖ったツメが付いてる側をグイグイ押してツメを出し、もう一方の部品をそのツメに当てて、

 

あとは金槌でトントンやって完了です。

 

はい、できました!

わりと思いきり良く攻めた方がうまく付きますよ。初めの頃は、慎重にそーっとやっていましたが、その方が失敗してました。

でも、失敗しても大丈夫です。ペンチでグイっと両端から潰すようにすれば、ポロっと外れます。その部品はもう使えませんが。

 

アメリカンホック自体は、最近は100円ショップの手芸コーナーによく売ってます。大きめのお店の方があるかな。ダイソーやセリアで売ってましたよ。もちろん楽天市場などのネットショップでも売ってます。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

ランキングに参加しています。お帰りの前に、ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ  

コメント